« 良寛さんの生き方 | トップページ | 美輪明宏さんの言葉から »

2005年6月21日 (火曜日)

最近観た映画?本

「ミリオンダラーベイビー」、「奇跡の4日間」、「父と暮らせば」、「運命を分けたザイル」、「戦国自衛隊」、「交渉人真下・・」、「丹下左膳」、「・・・ジョーンズの日記」、「阿修羅城・・」、「モーターサイクル」、「イタリア語講座」、「プレイタイム」、「ローレライ」・・あとは忘れた。
1年程前から映画をよく観るようになった。高校時代は授業をサボって朝から夕方まで映画館で過ごした。下校時刻に合わせて帰宅するので、親は学校へ行っているものと信じている。そんな具合なので、同じ映画を3回ぐらい観ていました。1回目は観客として、2回目は評論家として、3回目は監督の立場となって。洋画のほうが多かったのですが、何故か英語の成績は良くなかった。
好きな映画は資金が無いのによくぞここまで完成させたと思えるものです。CGや巨費を投じ、エキストラうじゃうじゃなんてのは「勿体無い」と思ってしまう貧乏性が先立ってしまい、肌にあわない。
昨年の「誰も知らない」は久々に感動した映画でした。時間の経過どうり撮影し、無駄な台詞はなく、一方的な押し付けがない、自然体で小津安次郎を彷彿とさせる映画でした。DVDが出ていますので、是非ご覧あれ。
映画、唄、芝居などは、一方的な押し付けがない、ことが重要です。テーマが強烈に出すぎると、観ている方が拒否反応を起こすようになります。人はそれぞれ別の人生を歩んできて、さまざまな想い、考え方があります。テーマは重要ですが「ゆとり」をもたせる、あるいは「一歩引く」ことで、同じ作品を観ても人の数だけ感動が生まれます。

|

« 良寛さんの生き方 | トップページ | 美輪明宏さんの言葉から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/4646327

この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画?本:

« 良寛さんの生き方 | トップページ | 美輪明宏さんの言葉から »