« 門徒物忌み(ものいみ)知らず | トップページ | 倅の結婚式~人は必ず死にます »

2005年7月22日 (金曜日)

自転車の酒酔い運転をすると前科者になる!!

自転車は軽車両であり、道交法で定める義務や禁止行為がある。
①左側通行
②通行可の歩道は車道寄りを徐行し、歩行者の通行を妨げてはならない
③標識に従う
④酒酔い運転をしてはならない
⑤夜間はライトを点灯する
などがあります。

 自転車は免許がないため反則制度が適用されず、違反すればいきなり前科となる罰則になる。そのため警察としても取り締まりが難しく、自転車に対しては指導や注意で終わっている現状です。(道交法を遵守すれば逮捕となる。微薫を帯びたいとしい無辜の民に温情をかけ、断腸の思いで苦渋の決断をして頂いていると思いませう。)

 歩行者と自転車のトラブル、自転車同士の事故が頻繁に起きています。商店街は土日、自転車に乗ってはならぬことになった。
 昨年、自転車同士の衝突で一人は死亡、重傷の男性は重過失致死罪で禁固1年2月、執行猶予3年の刑となった。 時速20Kmでも自転車はいとも簡単に死亡事故に発展するのだ。

 一方、車道の弱者である自転車を車道走行の原則を残しつつ緊急避難的に車道から歩道に移したのが約30年前で、その後進展していない道路行政にも問題がある。
 パリの公園では内側から順に歩道、馬、自転車、自動車の道がある。これは発生順であることに気づかされる。新参者の自動車よ奢るなかれ。
 交通・安全・環境は行政が行うべき基であるが、安全な道路ができるのは百年河清を待つようなものでせうか。

|

« 門徒物忌み(ものいみ)知らず | トップページ | 倅の結婚式~人は必ず死にます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/5092865

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車の酒酔い運転をすると前科者になる!!:

« 門徒物忌み(ものいみ)知らず | トップページ | 倅の結婚式~人は必ず死にます »