« お盆の主役は私なのです | トップページ | 無線LANを有線に変更しました »

2005年8月12日 (金曜日)

ペルセウス座流星群の極大は、8月13日の明け方02時前後

2005年のペルセウス座流星群の極大は、8月13日の明け方02時前後~04時30分頃と予想されています。
この時間帯、上弦の半月は、すでに沈んでいるため、月明かりのじゃまもなく観測できます。
北のほうの空を見ると、 ペルセウス座があります。
とくにペルセウス座のほうを見ている必要はありません。 どの方向を見ていても流星群の流星が流れます。
peruryuuseigun

何回も流れたのを重ねています。実際は1個しか見えません。立て続けに☆☆~~もある場合も。放射状に見えますが、並行に飛んでいます。遠近法の仕業です。


peruseusu1

ペルセウス座です。実際は線がありません。(冗談)


ryuuseihasseisou

流星やオーロラなど地球上層部はこうなってる。

|

« お盆の主役は私なのです | トップページ | 無線LANを有線に変更しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/5434184

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群の極大は、8月13日の明け方02時前後:

« お盆の主役は私なのです | トップページ | 無線LANを有線に変更しました »