« 無線LANを有線に変更しました | トップページ | 父とお彼岸で檀那寺へ »

2005年9月20日 (火曜日)

胃癌で全摘出した友人との係わり

1年ほど前胃癌で胃を摘出した友人が3月末で退職した。週3日ほど雑用仕事で働いている彼が訪れる度に顔色が悪くなってきている。10数年前同じように胃癌で退院し職場復帰したが数ヶ月で再入院。1週間の入院で旅立っていった同級生の思い出がまざまざと呼び覚まされ不安が襲ってきた。
1月前、健康食品の方と事務所のエレベータ前で偶然会い、その時もらった名刺を頼りに電話した。彼の症状を伝え、何か手助けできないか相談した。DNAのサルベージ方法を教わり彼にも勧めた。高価だが私は注文し、痴呆の始まった父と自分で試している。父は1日3回の服用を忘れるので、ペットに水割しお茶代わりに飲ませようとしたが、麦茶を飲み、服用を忘れる。今は0歳用のミルク(RNAとヌクレオチドが成分としてある)にDNAを入れ服用するようにした。今日同じものを彼に渡した。今は抗がん剤の副作用が酷いので抗がん剤を医者が止めているそうだ。彼はDNAのことを医者に話したところ飲まないように指示があったそうだ。DNAは食品であり、海藻、キノコ、貝、白子、豆などに含まれているが、胃が無いのだから必要量はとれない。だからサプリから取ろうとしたら医者が止める理由が分からない。抗がん剤は月に数万円かかるのでおいしい収入源なのだからでせうか。
一方、「薬を止めれば病気が治る」という医者がいる。それほど薬の副作用は恐ろしいのでせう。玄米を120回噛んで食せば体に良いといわれる。徳川家康も幼少から租借を坊さんに教えられ実践したので長生きしたのでせう。

|

« 無線LANを有線に変更しました | トップページ | 父とお彼岸で檀那寺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/6033904

この記事へのトラックバック一覧です: 胃癌で全摘出した友人との係わり:

« 無線LANを有線に変更しました | トップページ | 父とお彼岸で檀那寺へ »