« 『1円硬貨、5円硬貨廃止論』 | トップページ | ドナー登録への誘い(いざない) »

2005年12月30日 (金曜日)

「人間学」の研修を受けて・・感動の涙が・・・

今月受けた研修で感動しました。涙が溢れました。

内容の要旨を書きます。

1.人生には、背を向けてならない二つの真理がある。
  ・人生は二度ない
    ⇒時を大切にする、挑戦を大切にする。
  ・人生は決して一人では生きられない
    ⇒他人を大切にする、他人から大切にされる自分になる。

2.人生は選択である。
    ⇒最善と思われる道を選んで、その環境下で生き甲斐を創り、
     感動を求めて生きる。
    ⇒人生は自らが主人公となって、自らの意思で創造すべきものであ        る。

3.人生舞台は四つある。
  「仕事・家庭・地域社会・趣味」

   この舞台は次の意味がある。
    ・限られた命を削る場所
    ・人と不思議な出会いをする場所
    ・感動と回り逢う場所
    ・想い出をつくる場所
    ・自分を育ててくれる場所

   四つの舞台で持つべき意識
    ・人の(世の)役に立つ
    ・楽しむ
    ・成長する。後輩を育てる。

   *四つの舞台で三つの意識を持てば、12倍の「生きるよろこび」を知る
    ことができる。この価値観を共有できる仲間が少しでも多くいると、こ の「よろこび」はさらに倍増する。
     人生を考えることによって人は成長する。死にざままで考えることが
    できるようになれば、ものごとの本質を大切にできるようになる。

4.職場で良い想い出を作ろうと心掛ける。
  ・明るい職場 ⇒管理職は、自らすすんで挨拶をし、明るい声・明るい表情をする。
  ・楽しい職場 ⇒管理職は、部下達に人間関係で余計な神経を使わせず、気持ちよく
         仕事に専念できる状態を作る。チームの向かっている方向、個人の
         やっている仕事に価値や意義を感じさせ、苦しいときでも、楽しい
         とさえ感じ、やりがい・苦労のしがいを感じさせよう。
  ・民主的な職場⇒管理職は、年令・経験・性別・地位を武器にして人間を支配しない。
         意見を伸び伸び言わせて尊重し、組織内の情報を許される限り開示
         し、風通しを良くする。

|

« 『1円硬貨、5円硬貨廃止論』 | トップページ | ドナー登録への誘い(いざない) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/7909311

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間学」の研修を受けて・・感動の涙が・・・:

« 『1円硬貨、5円硬貨廃止論』 | トップページ | ドナー登録への誘い(いざない) »