« 2005年11月20日 - 2005年11月26日 | トップページ | 2005年12月4日 - 2005年12月10日 »

2005年12月 1日 (木曜日)

映画「博士の愛した数式」見るまで死ねない!

小川洋子さんの原作を『雨上がる』『阿弥陀堂だより』の小泉監督が脚本を手がけた映画。
黒澤組の作品である。来春公開。
キャストは寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆、浅丘ルリ子。

絶対泣くでしょう(・・;)サメザメと。寺尾主演の「半落ち」を家内と見て私が声をあげて泣いて以来、映画に同行してくれません。先日も「三丁目の夕日」見て親父とズルズルと泣きました。

数学は苦手な科目の一つでした。秋山仁先生曰く「ロマンのない人は数学者にむかない」と、また「数学はデジタルでなく、アナログである」ともいっておられました。

たとえば「完全数」。自分自身を除く約数の和が、もとの数と等しくなる数字のこと。
最小の完全数は6で、1+2+3=6となる。28も完全数です。今まで30個ほどしか見つかっていない貴重な数字。

友愛数は284と220。約数の和が相手の数字になる思いやりのある数字。
「素数」は素直な数字。1.2.3.5.7.11.13.17.・・・・外人は素数が好きみたいです。
サイトはここです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月曜日)

甲野先生のDVD見たよ!!

お薦め本の甲野先生のDVDは基本の動き方と介護関係が収められています。
基本をマスターするのも大変ですよ。永年染み付いた癖をゼロにして、日常の動きに気をはらい、ぎこちなく自然に動けるようになれば、後は疲労感も腰痛もなくなるでしょう。
実際、甲野先生の練習は3~4時間休み無く続けられます。休まないのは先生で、弟子の方は休んでおります。
甲野先生のホームページhttp://www.shouseikan.com/をみると、超多忙で、睡眠時間もなく、全国を駆け回っておられます。。kono

先生の日記のなかに「身体は疲れ果てているが、精神は高ぶっているとき、人が避けてくれる。自分でも気づかぬ只ならぬ気が発しているのだろうか。」というくだりがあります。
動物に比べて鈍くなったとはいえ、人間にはまだ感じる機能が残っているのでしょう。本の中に、手を捕まえるところがあります。私も試したことがあるのですが、必ず捕まえられます。先生に聞くと、「あなたが今は捕まえにこないなと思ったときに私が掴むのです。簡単でしょう。」とのことでした。
身体のあらゆる感覚、気配を感じ取っているのです

確かにぎっくり腰をやった私も最近では腰痛が無くなりました。
ぜひ、お試しあれ。
バレーにもあの動きを取り入れて欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月20日 - 2005年11月26日 | トップページ | 2005年12月4日 - 2005年12月10日 »