« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006年2月24日 (金曜日)

軟式野球に対応したグラヴ発見

軟式野球は日本で生まれた。テニス、卓球もそうです。貧乏人向け、初心者向け、なんです。 だったんです。

テニスと野球は両方やりました。難しいのは軟式でした。ゴムマリが不規則なバウンドで・・予測がつきません。プロ野球のキッチャーフライは頭の上で捕球しますが、軟式ではゴムマリが弾き出るので胸の前で捕球します。なまじ、硬式経験者が軟式野球をやるとボールは落とすわ、打球は飛ばないわ、挙句肩を壊して止めていく人が多いのです。

軟式野球の用具は硬式の形のまま安物の皮を使い、メーカーは誤魔化しています。まじめにゴムマリを掴めるグラヴが無かった。そこへTV鑑定団にでているスキンヘッドの前野重雄さんが日本中を捜して、ついに賛同者と出会い、グラヴの製作を始めました。

野球を楽しんでいる9割は軟式なのに、大手はなぜ、どうして、まじめに取り組まなかったのでしょうか?所詮軟式見下していたとしか思えません。

日本の企業はなんと劣悪な拝金主義がまかり通っているんでしょう!!!! 日本のプロ野球は応援団が五月蝿くボールや打球や捕球の音が楽しめないのです。僕は無理してBSテレビを買い月1~2回のMLBを楽しんでいました。もちろん野茂が渡米する前のことです。

アメリカのベースボールはいぶし銀のプレーにも敵味方無く拍手を送ります。ファンのレベルが高いのです。

軟式に真剣にメーカーが取り組む起爆となるため流体力学からグラヴを売り出したのです。3万円しますが、名人が1個づつ30分以上かけ手揉みしポケットを作NansikiGlvり、組み立てなおしています。名人も高齢ですので早く買わないと・・・僕は密かに入手した。野球部の連中に知らせたので買占め計画進行中。

クリックで拡大します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »