« 数字の単位~あれこれ① | トップページ | 甲野先生が南原のTVに出ています »

2007年5月25日 (金曜日)

数字の単位~あれこれ②

日本の単位は正は10000倍、負は-10倍という一見不合理に思える単位です。

誰でも知ってる?億、兆、京、垓(がい)、予(じょ)、穣(じょう)、溝(こう)、・・・・恒河沙(こうがしゃ)、阿僧祇(あそうぎ)、那由多(なゆた)、不可思議、無量大数(10の68乗)。 これで大きな数字はお終いです。なんてものはございません。

恒河沙(ガンジス川の無数の砂の意)以上の単位はお経に良く出てきます。ご利益が多い?のかな。仏様はものすごい慈悲を私たちに下されておるのです。

小さい単位は分または割(10分の1)、厘、毛、糸(し・10の-4乗)、惚(こつ)、微、繊、沙、塵(じん・ほこりみたいに小さい10の-9乗)、・・・・・刹那、・・・虚、空、清、浄(10の-23乗) これで最小です。

とすれば「空気清浄機」のネーミングは大胆というか張ったりと言うか・・スゴイ。 刹那あたりからもお経にでてきます。

最近の科学で宇宙がゆらいでできた時間は1浄分の1といわれている。その短時間を見ようと試みているようです。原子のせかいです。

さらに、原子より小さい粒子がエネルギーに働き宇宙が出来た瞬間の時間は10の-43乗で単位がなくこれを「クライム時間」とよんでいる。

そして、何兆年後に宇宙は元のエネルギーに戻る。

その小さな時間と大きな時間の一瞬を私たちは生かされている。

|

« 数字の単位~あれこれ① | トップページ | 甲野先生が南原のTVに出ています »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/15196547

この記事へのトラックバック一覧です: 数字の単位~あれこれ②:

« 数字の単位~あれこれ① | トップページ | 甲野先生が南原のTVに出ています »