« 中国はどうなるのか? | トップページ | ついに還暦なのだ!!! »

2008年1月 1日 (火曜日)

また死に向かっている 新年

太陽暦2008年 日本では平成20年・皇紀2668年を迎えた。

36_2 熊野三社は自然と神と仏が混合しているので僕は畏敬の念をもって崇拝している。写真は三社のお札です。三本足のヤタガラス=Jリーグのシンボルマーク。

ちなみに陰暦の正月は2月7日で奇しくも僕の誕生日なのだ。日本以外のアジアの皆が祝ってくれるのだ。

「おもしろきこともなき世を おもしろく・・・」は高杉晋作の言葉です。偉人の好きな言葉ナンバー1。 僕の2男の名前は晋作です。パクリました。しかし、先生から普作とよく書かれてました。

「今一度日本を洗濯いたしたく申し候」は坂本龍馬の言葉です。

「生きよ 堕ちよ」は青年時代に憧れた坂口安吾の堕落論の言葉です。

新井 満さんが「千年の風」で作曲賞をもらった。

ネイテブインデアンの言葉を訳し曲をつけ、いまやお葬式に欠かせぬ曲となりました。 この度、俵 万智さんの詩に新井さんが曲をつけた誕生の歌ができました。「プーさんの鼻のララバイ」はここで聞けます。http://www.47news.jp/topics/araitawara/

Main

頑張ってます 野茂

Nomo2004

野球が好き好きな男の生き様

桑田もやってくれるでしょう。

イチローの1/2NHKプロフェショナルの放送みましょう。3e1471056b6f4add9f3b173e72412a28

|

« 中国はどうなるのか? | トップページ | ついに還暦なのだ!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/17546377

この記事へのトラックバック一覧です: また死に向かっている 新年:

« 中国はどうなるのか? | トップページ | ついに還暦なのだ!!! »