« 草抜きの心あれこれ・・・あなたはどれ | トップページ | 文章作成はテキストtxt形式がお勧め »

2008年5月27日 (火曜日)

東洋医学の実・虚症そして中庸

体質は人によって違います。
今の世の中は実症タイプが成功します。

 1.実症体質は行動的、エネルギッシュ、食事が済んだら直ぐ動ける方、モーレツ社長さんのような方。angry
 2.虚症体質はその反対で食事のあと少しやすまないと動けない、体調の変化に敏感、無理が利かない。despair
 3.中庸体質が理想で、実と虚の間の体質です。lovely

 実症体質は体調変化に鈍感で、突然死する場合が多い。虚の気持ちが解らない、しかし、現代社会の成功者の多くは実証タイプです。そうした方が「○○式健康法」の本を出されておりますが、その方に合っても他のタイプには何の参考にもなりません。
 
 虚症タイプはサラリーマンでは社会の脱落者と見られがちです。虚の方は無理して社会に合わせることはせず、マイペースで生きていくしかありません。人生の悲哀を感じ、長生きするの方は虚が多いです。

私は虚が勝っており疲れが溜まると休憩がいります。そこを無理して活動すると心身が不安定になります。

 いずれにしても、中庸になるように生活改善、精神の持ち方を変えてください。

|

« 草抜きの心あれこれ・・・あなたはどれ | トップページ | 文章作成はテキストtxt形式がお勧め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/41337521

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学の実・虚症そして中庸:

« 草抜きの心あれこれ・・・あなたはどれ | トップページ | 文章作成はテキストtxt形式がお勧め »