« 東洋医学の実・虚症そして中庸 | トップページ | 私の好きな芸術家① サティ »

2008年5月27日 (火曜日)

文章作成はテキストtxt形式がお勧め

私は会社からの指示もあり、文書作成はWordを当たり前のように使い、メールに添付したりしていました。
メモ帳を日記、備忘録として個人的に使っていました。
メモ帳は動きが早く、思いついたら直ぐ書き込めるのが気に入ってましたが、編集機能が無く、発送文書などはワードに頼っておりました。
 
退職後はtxt形式で文書作成しております。
CPUのメモリーを食わずサクサク動き、ファイルも小さく、将来ワードが無くなっても安心です。

このブログもいきなり文書を書いていたのですが、訂正、中断などで消えてしまうことがたびたびありました。
今は思いついたり、長時間あたため添削を繰り返した文章をtet形式で保存しておりブログ記入欄へコピーして載せています。

私が使ってみてお勧めのフリー(無料)プログラムを紹介します。
フリーウェアだから無料です。形式が同じtxtなので紹介する①、②どちらのプログラムで作成しても①②どちらからでもファイルを開けます。

縦書きも出来、メモ帳より使いやすい
CoolMint Editor Yellow
軽快エディタの、イエローバージョン
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se080212.html

②より高度なものなら
MKEditor for Windows
初心者にも扱いやすい高機能なマルチドキュメント対応エディタ
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se083554.html

を紹介します。
歴史も古くMSの画像ファイル形式で時々暴走し、メールに添付したら相手にバカにされる
Wordしか使っていない方は是非TXT形式を使って見ましょう。

|

« 東洋医学の実・虚症そして中庸 | トップページ | 私の好きな芸術家① サティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/41341393

この記事へのトラックバック一覧です: 文章作成はテキストtxt形式がお勧め:

« 東洋医学の実・虚症そして中庸 | トップページ | 私の好きな芸術家① サティ »