« Internet Explorerの基本的なキーボードショートカット | トップページ | 我が家と隣家のソテツに花が咲いた »

2008年7月 8日 (火曜日)

リラックスを溜めてストレス対応

 ( 2008.07.07NHKホットモーニングより)

Rb_pht06三つのポイント
 
1.避けず
  2.妄想せず
  3.力まず


個々にみていきましょう・・・

1.避けず
 ストレスと向き合い、ストレスから逃げない
   
 忘れようとしたり、酒を飲んだり、悲観しすぎたりしない。
  ストレスを客観的に観ること。過大、過少に観ない。
  そして、少しだけ良いほうに考える。
 
  2.妄想せず
   例えば「○○のことを5分間考えないようにしよう。」
    と思っても人は考えてしまう習性があります。
   そこで「○○と考えた。」と思うようにしてください。
   
    氷に手をあて冷たい痛みに耐える場合、ほかのことを考えるより、客観的に痛さを認めると、集中することができ、長く耐えることができるのです
   
    冷たい!、痛い!、とあるがままを思う・・
   
    根性で「なにくそ」と思わないこと。
   
   3.力まず
     ストレスと反対の状態とはなんでしょう?
      
      それは、リラックス状態です。

      リラックスすると、
      ①酸素消費量が減少⇒活性酸素の減少
      ②血液がサラサラになる⇒身体のすみずみまで血液が送られる
      ③自律神経が整う など優れた効果があらわれる。
      
     ストレスは溜まっていきます。借金のように。
      リラックスも溜まっていきます。貯金のように。

      
      溜まったリラックスはストレスと相殺できるのです。
      ということは、ストレスに耐えられる心を持つことができるのです。
      
      それでは
*リラックス方法*
       毎朝5~10分行うだけで、リラックスを溜めることができます。
        通勤、移動、昼休み、つまらない会議?の時間を有効活用しましょう。
        夜は行わないでください。そのまま寝てしまうとリラックスが溜まりませんのでご注意ください。車の運転中もやめてください(笑)。
       
        ①椅子に座り手を足の上に置き、手の暖かさを感じ取る、そして暖かさが腕に、肩にひろがっていくかのように瞑想する。
        ②呼吸だけを意識する。
         呼吸だけを感じるように瞑想する。腹式呼吸がお勧め。
        ③指を組んで、深呼吸しながら手を上げながら背伸びして終了。
        目が覚め、すっきりします。
       
   *リラックス訓練の効果とは*
     脳の前頭前野背内側部(自分の心の動きを観察する)が老化しない
      

 **まとめ**
    ・リラックスを貯金する
     ・ストレスを等身大で観る

|

« Internet Explorerの基本的なキーボードショートカット | トップページ | 我が家と隣家のソテツに花が咲いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/41773302

この記事へのトラックバック一覧です: リラックスを溜めてストレス対応:

« Internet Explorerの基本的なキーボードショートカット | トップページ | 我が家と隣家のソテツに花が咲いた »