« 昔から言い伝えられた言葉 | トップページ | 人間関係は水のごとく »

2008年10月23日 (木曜日)

サラリーマンの処世術

もっとも嫌だった職業です。私は38年我慢しました。
朝早くから満員電車や渋滞で会社に着いたらもう疲れている。
やりたくない仕事でも辞令に背けば辞めなければならず、無味乾燥な職場で会いたくもない連中と無理にやりがいをくっ付けて夜遅くまで仕事をしなければならないのがサラリーマンでしょう。
本当に好き好んでやっている人が何人いるのでしょうか。
成績が悪ければけなされて、いつもノルマに追い立てられ、嫌な仕事にも慣れてきて少し面白くなりかかると辞令がでて希望してない部署に転勤となる。
自分の意思で仕事ができないのがサラリーマン
さらに嫌味ばかり言う上司や部下、追い越され上司になった年下の後輩もいるでしょう。悪口言う奴、要領ばかりいい輩、派閥で生きる奴、無責任な奴・・・私は群れに入らず、脇道を歩いていた。
こんな灰色の生活を繰り返さなければならないのがサラリーマンの宿命です。
 ですから給料は生活のための「我慢料」なのです。
「よく働いてくれた」と褒められて会社からくれる対価と思っている人は「錯覚」です。「味気ない仕事を精神的にも肉体的にもヘトヘトになりながら我慢しましたね、来月もまた我慢してください」と貰うのが給料というものです。
奥さんには「今月の我慢料」と言って渡しましょう。奥さんもあなたの立場を少しは理解してくれ労わってくれようというものでしょう。??

辞めたいと思ったときも何回かあります。
辛いのが当たり前で職場は地獄なのですから。自ら艱難辛苦を覚悟してサラリーマンを選んだのですから。我慢、我慢・・・・。
自営業と違い些細な判断ミスがあっても倒産することはなく、解雇されることもないでしょう。一長一短です

それではサラリーマンを上手にらくに長く続けられる方法は?。
・嫌なことがあっても「我慢料」だからと思うこと。
  ストレスと等身大で向き合い、冷静に判断することが大事。
・嫌いな上司に嫌味をされても感情的にならず「馬耳東風」。ひたすらやり過ごす。植木 等のスーダラ節で身を守りましょう。まともに受け取り、悩んでいたら自殺するか入院するか辞めるのがおちでしょう。

サラリーマンも演技力が必要です。巧い人ほど出世しています。
義理で参列した葬儀で悲しくも無いのに、悲しそうなふりをしたことありませんか?・・・あるでしょう。
私は主義として演技を拒否していましたので、精神的に辛かったです。

|

« 昔から言い伝えられた言葉 | トップページ | 人間関係は水のごとく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/42880114

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンの処世術:

« 昔から言い伝えられた言葉 | トップページ | 人間関係は水のごとく »