« 日本の駄目親父 | トップページ | 幸福とはなんでしょう? »

2008年10月31日 (金曜日)

数年ぶりに松茸を食べたぞ

ある会合で数年ぶりに食べた。happy01
艶かしいご婦人が年中食べてる松茸??ではなく、茸の松茸です。Matutake

匂いはスーパで毎年嗅いでいるのですが、本当のところ、それ以前に先立つお足が無いのです。

したがって料理法が解らないのです。香りを閉じ込める「土瓶蒸し」にしたって、どれくらい煮ればよいのやら分かりません。

我が家では、訳あって、子供たちは松茸を欲しがらないと言うより「不味い」と思っています。
それは子供が小さい頃から「匂い松茸、味しめじ」を繰り返し刷り込みトラウマと化しているからなのです。貧乏人の生活の知恵なのです。あ~~

さて、茸はカロリーが低いのですが、栄養は最高なので、旬の間にどんどん食べませう。栄養素として核酸成分が多く含まれています
核酸成分とは、細胞内にある遺伝子DNAとたんぱく質を作り細胞分裂をするRNAの塩基のことです。近年では学校で教えています。分からなかったらお子さんに聞いてちょうだいませ。
さわりだけ説明しましょう。
塩基の種類は、DNA(デオキシリボ核酸)はA.T.G.Cの4個です。
RNA(リボ核酸)はA.U.G.Cの4個です。
DNAとRNAの塩基の違いはDANのTがRNAではUに変っているだけです。
植物、動物すなわち生物の持っている塩基は同じです。昆虫の最高峰ゴキブリも蛆虫も苔も人も同じです。違うのは組み合わせ方と組み合わせの数だけです。両生類の組み合わせ数は人より多いのですよ。肺魚は凄い数で知られています。

組み合わせの説明をします。AはT(RNAはU)と組み合わさり、GはCと組み合わさります。
塩基は細胞分裂に必要な部品です。人の場合、赤ちゃんは3兆個の細胞で生まれてきます。塩基は主に肝臓で作られ血管を通って全身に行き渡ります。成人になると60兆個の細胞になります。完成すると25歳前後から肝臓で作る塩基が減少してゆきます。したがって老化現象となるのです。
また、食品から摂っったものが、体内酵素で分解され塩基となります。
肝臓の作った塩基と食品からの塩基は形が異なります。例えば、がん細胞は肝臓からの塩基を餌にしますが、食品からの塩基は餌にできません。若い人のがん進行が早い原因は、肝臓が塩基をたくさん作るためなのです。

老化防止、異常細胞の分裂を防ぐため、塩基の多い食品を摂るよう心がけてください。
和食中心の食事がよいです。
魚介類、豆類、海草、玄米などを中心とした食事にしましょう。

人の寿命は遺伝子DNAによれば、120~140歳です。
100歳まで現役で活躍し、残り30年を老後で遊びましょう。

|

« 日本の駄目親父 | トップページ | 幸福とはなんでしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/42966332

この記事へのトラックバック一覧です: 数年ぶりに松茸を食べたぞ:

« 日本の駄目親父 | トップページ | 幸福とはなんでしょう? »