« 愛社精神について | トップページ | サラリーマンの処世術 »

2008年10月21日 (火曜日)

昔から言い伝えられた言葉

  言い伝られた歌や句、言葉を気ままに羅列しました。

 

・嘘くらべ 死にたがる婆(ババ) 止める嫁

・今日褒めて 明日悪く言う 人の口 泣くも笑うも 嘘の世の中

◎良寛さんRyoukann
・裏を見せ 表を見せて 散る紅葉

・散る桜 残る桜も 散る桜

◎一休さん
・門松は 冥土の旅の 一里塚 目出度くもあり 目出度くもなし

・人生は 食て寝て起きて 糞たれて 子は親となる 子は親となる

・世の中の 娘が嫁と 花咲いて カカアとしぼんで 婆と散り行く

◎宗教的
・明日ありと 思う心の 仇桜 夜半に嵐の 吹かぬものかわ

・散るときが 浮かぶときなり 蓮の花

・負けている人を 弱しと思うなよ 忍ぶ心の 強きゆえなり

・苦悩の根元は「無明の闇」

・平生業生(へいせいごうじょう)

・無碍(むげ)の一道

・大生命の歓喜(人間に生まれてよかった)

|

« 愛社精神について | トップページ | サラリーマンの処世術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89437/42859957

この記事へのトラックバック一覧です: 昔から言い伝えられた言葉:

« 愛社精神について | トップページ | サラリーマンの処世術 »