« ギターと生爪 | トップページ | 生爪ギターの鐸木能光さんを紹介しよう »

2009年1月 9日 (金曜日)

有機農産物についての疑問

国のJAS法の有機農産物の定義を簡単にいうと、
 化学的に合成された化学肥料及び農薬の使用を避ける事が原則。やむを得ない場合はリスト化されたもののみが使用可能。
播種または植え付けの2年以上前から(多年生の作物の場合は収穫の3年以上前)、使用禁止資材を用いていない畑や田んぼで栽培すること。
遺伝子組み換えの種苗を使用しないこと。
生産から出荷までの記録(生産行程管理記録や格付け記録など)を作成する。以上のことが生産農家に求められます。

そこで、
有機農家は鶏糞、牛糞、豚糞などを田んぼに撒きます
しかし、動物の糞は何を食べたかによって問題になります。
今年は丑年なので牛を例にとると、牧草だけを食べた父牛は、配合飼料を食べた牛の3分の一しか乳がでません。
なぜ?配合飼料だと乳が増えるのか疑問が沸々と湧き上がるでせう。
ホルモン?遺伝子組み換えトウモロコシ????

素性の知れない糞を田んぼに撒いたら植物に良いはずがありません。

お上が定めているのに何故???安心できないの???

どうすりゃいいの??

福岡氏の「自然農法」か岩澤信夫氏の「不耕起農法」がいいのではないか?
田植え機、コンバインが使える実践に即した「不耕起農法」を紹介します。

日本不耕起栽培普及会は1993年8月に設立。
POF研究会時代から約30年続く任意の農業技術普及団体(農業の教育団体)です。不耕起移植栽培技術の研究、指導、普及を行っています。会長は岩澤信夫。会員は稲作農家が中心です。
その他に、他の作物の栽培農家、流通関係者、自治体関係者、学識経験者、資材・機械メーカー、将来農的暮らしを計画している方などです。
耕さない田んぼや「耕さない田んぼのお米」の普及に力を注いでいます。

Yomigaeru_img01 『不耕起でよみがえる』 岩澤信夫著 創森社
2003年12月3日発行 価格2310円(本体価格2200円+税5%)          
序章  不耕起移植栽培が底力を発揮する理由
第1章 近代化稲作がもたらしたもの
第2章 不耕起栽培への模索と試練
第3章 生きものいっぱいの不耕起の田んぼ
第4章 メダカとトキと子どもたち
第5章 ゆっくりと水資源をはぐくむ
第6章 不耕起・冬期湛水の心得と準備
第7章 不耕起・冬期湛水の主な作業
終章  生物資源型農業をめざして

Wed_detail_photo

「不耕起普及会」のサイト
http://www.geocities.jp/fukoukisaibai/

「たんぼ博士の応援隊」のサイト 上のサイトからリンク
http://www.tanbohakase.com/

NHK教育「人生の歩き方」で放送されました
http://www.nhk.or.jp/shiruraku/200809/wednesday.html

|

« ギターと生爪 | トップページ | 生爪ギターの鐸木能光さんを紹介しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギターと生爪 | トップページ | 生爪ギターの鐸木能光さんを紹介しよう »