« 信頼し助け合う心 | トップページ | 仕事をどう考えて働けばいいの? »

2009年2月13日 (金曜日)

TVが地デジになったら貴方はどうするの?

選択肢は ①新しいTVを買う。 もしくは②NHKオンデマンド サービス会員になってPC経由で見る。
の二者選択となる。もう、TVは見ないという御仁は除外した。

まず①の場合を考えてみよう

 コストはTV代だが、薄型しかない、40インチ未満なら液晶TVになろう。
   ブラウン管は電磁波などから画面縦サイズの6倍以上離れて見なければならなかったが、薄型ならこれが3倍となる

   今29インチなら約37インチとなる。
   しかし、我が家では餓鬼どもがプレイステイション3(Biu-Rai読み込み可)をTVゲームをやっているので、SONY製のTVしか選択できない。画像エンジンがプレステ用に設計されているのだ。   他社のTVだと相性が悪いのだ。
   しかし、SONYに37インチは無く40インチを買わなければならない。現行商品の中から選ぶと、矢沢栄ちゃんお奨めの4倍速エンジンを搭載したW1だろう。量販店で約25~28万円する。

   意味のない消費者を無視した薄型競争のお陰で音質は最低になった。止む無く、消費者はAVアンプやSP(スピーカ)を買ったり、SPが組み込まれたTV台を買わされる羽目となる。
   そんなに薄さを求めるなら、いっそのことモニターを分離したらどうかと思うのだが。

 そういえば、30年以上前に日立が分離したTVを作ったことがあるが、さっぱり売れなかった。時代が早すぎたのかもしれないが、今の技術であれば素晴らしい商品が作れるのだが。TV台にエンジンとSPを組み込み、モニターは好きなサイズが選べる。これいいでせう。

   日本のメーカは別の商品を一体化するのは得意だ。空気清浄機に加湿器を組み込んだ商品がインフルエンザの流行で売れているようだ。
   また、TVにBiu-Raiを合体したのがSHAPから出ている。
   
 合体したものは、どこか一箇所故障すると全てが機能停止となる場合が多い。
  オーディオを例にとると、CD内臓アンプはプリアンプとメインアンプとCDの3台に分けたほうが便利だし、楽しいのだ。現に業務用はそうなってるし、欧州などの名機も同様だ。

  余談ですが、50年ほど前の英国のクオード製のアンプはデザインが素晴らしかった。外見はもとよりアンプ内部のプリント基板の美しさに驚愕した思い出がある。職人の仕事でした。合理化の波に飲まれたとはいえ今もその伝統は欧州製の製品に名残を留めている。  閑話休題。
 
  さて、TVを買うとNHKの受信料が要る。取られる。?
   ●現在のNHK受信料  HPより
     2か月払額、 6か月前払額、 12か月前払額
 地上契約 2,690 円   7,650 円    14,910 円
 BS衛星契約〈地上契約含む〉
      4,580 円  13,090 円     25,520 円
    料額には消費税を含みます。沖縄県は料金が異なります

BS契約しないとイチロー(MLB)が見られないので当然しますよね。
12か月前払額 25,520円÷12=2,126円(月額)となります。

●まだ問題点がある。
 これは、TVを買う、買わないに関わらず共通の問題です。
 私は電気屋で40インチTVをしばらく観ていたら気分が悪くなった。
   我が家の29インチブラウン管TVでは離れてみているので気が付かなかったのだが、40インチを近くで観ると目が回りそうになった
   原因はTVカメラマンのカメラワークの劣悪さです。勿論DR(演出家)も含めてですが。
   特に生放送、バラエティなどが悲惨で、ズーム、パンが滅茶苦茶早いので、目が回るのでしょう。

   名作といわれる映画の「絵」(カメラワークとライトと編集)は膝を打つようなシーンがあると、それだけで映画少年~中年の私は感涙してしまうのです。
   映画も資本の関係からアメリカ製ばかり上映している。上映時間は2時間が普通になっているが、内容も無いのに無駄に長いのが増えた。自分の生きていく時間を奪われたような気分になる時もあります。悪い傾向です。人間の集中力は平均90分だそうです。
   
   学生時代はヌーベルバーグが持て囃され、田舎で観れなかった欧州の名作を食事代を削って渋谷の「名画座」でよく観ました。
   外国は編集が重要な地位を占めている。邦画はやや疎かにされている傾向があるが、黒澤監督はじめ名のある監督は編集作業に自ら関わっている。この作業で名脚本も駄作になってしまう。

 昔は2本立て、3本立てが当然でしたから、上映時間が長いからもっとカットしろと上から言われた黒澤監督は、「これ以上はカットできない。カットするならフィルムを縦に切れ。」と開き直ったそうだ。

   最近NHK BSで3国共同作品「エディト・ピアフ(愛の賛歌)」(約100分)を観ました。編集、カット割が秀逸でした。現在、過去、幼い頃がランダムに現れ、観終わったときに全てのカットが一本にスパッと繋がる快感!は、エクスタシーを感じる。

   邦画の劇場版は、TVで視聴率の高いものをだだフィルムにしただけで、TVなら無料だが映画にして入場料で儲けようとする輩の意図が丸見えなのだ。そんなお金があるなら、資金難で映画が作れない有能な監督に任せたらどうかと思うのです。

 小栗監督はどうしているのでせうか? 才能が埋もれていくのが惜しい。 この国はいつになったら文化が取り戻せるのでせうか。
   閑話休題。
   
   
さて②の場合を考えてみよう

「NHKオンデマンド サービス(パーソナルコンピューター向け)」のサイト
https://www.nhk-ondemand.jp/missedProgram/standard/1/0/index.html

見るのが面倒な人もあろうかと親切な私は概要をHPからコピペしました。著作権侵害にはならないでしょう。 勿論、NHKの回し者ではありません。

●概 要
毎月、定額料金で見逃し番組とニュース番組が、すべて見放題でご覧いただける大変お得なパックです。
■視聴期間:毎月1日~月末まで
■契約更新:自動更新
料金 月額 1,470円(税込み)
※月の途中で購入をされた場合でも、日割りによる割引はありません。
※月の途中で解約をされる場合でも、日割りによる清算はありません。但し、解約月の月末まで視聴可能です。
※特選ライブラリーの番組は見ることができません。
※各番組の公開期間は約1週間です。
※番組編成により予告なく番組の内容を変更する場合があります。
※本サービスで公開された番組は、予告無く予定期日以前に公開を中止する場合があります。
※このパックはカレンダーの1日からその月の末日を「1か月」としていますので、
 ご入会日からの1か月ではありません。
 月末にご購入される場合は、その月の視聴期間が短くなりますので、単品購入をお勧めします。⇒親切だな~

  ●サービス概要書(利用規約から抜粋)
 本サービス概要書は、NHKオンデマンドのサービス内容について定めるもので、「NHKオンデマンド サービス(パーソナルコンピューター向け)利用規約」と一体をなすものです。

1. 提供端末
インターネット(ブロードバンド回線)に接続されたパーソナルコンピューター

2. 提供番組
  見逃し番組 特選ライブラリー番組
一般番組 ニュース番組
内容 NHKの5つのチャンネル(総合、教育、衛星ハイビジョン、衛星第1、衛星第2)の放送番組の中から提供 おはよう日本
正午のニュース
BS列島ニュース
ニュース7
ニュースウォッチ9 NHKが過去に放送した番組の中から提供
更新頻度 随時更新 定曜定時に更新
提供開始 原則、放送終了後から24時間以内 随時   
公開期間 提供開始から約1週間   

3. 動画配信形態
ストリーミング 低ビットレート:Windows Media 768kbps
高ビットレート:Windows Media 1.5Mbps
音声モード モノラル/ステレオ
解像度 768kbps:640×360
1.5Mbps:960×540
DRM Windows Media DRM

4. 提供番組別の販売形態
提供番組 販売形態
単品 パック 月額見放題パック
見逃し番組(一般番組) ○   ○
見逃し番組(ニュース番組)     ○
特選ライブラリー番組 ○ ○   

以上

●まず、料金が安い。当然、NHKの受信料は不要。
次に、好きな時間に見られるので時間の有効利用となる。(これは重要)
 ニュースの後半のスポーツだけ見たい、あるいはその逆も可能だ。
   ポイントだけ見る⇒TVの立ち読み状態化

 装置については、PCとモニターが必要だが台湾製のネットしか出来ないノートPCなら3万円で買える。
  モニターは、解像度1920×1080(フルハイビジョンと同じ)の24インチが3万円で買える。 狭い我が家であれば家族で見られる。 画像の質が落ちるが大画面でないので気にならない。 
 
  SPが付いてないので、BOSEのTV用の3SPで5.1が味わえる中古を買う。無ければミニコンポの中古で40インチよりいい音がでる。
 
 
●●各自で勝手にしろと 総務省のHP「Q&A]にある。

●オーディオの例を参考に貴方がどう思うかで答えがでる。
 集中か分散か????決めるのは自分だ。

 総務省も、助成金はない、古い1億台のTVの処分(リサイクル廃棄料が必要)は自分でやれ・・・といっている。  国民想いのお上だろうか!! 伝統的文字の「」が「」に簡略化されたのは、丁の読みを採ったからだろうが、博打の丁半と同じ建物の中身になってしまったのは偶然ではないでせう。 

|

« 信頼し助け合う心 | トップページ | 仕事をどう考えて働けばいいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信頼し助け合う心 | トップページ | 仕事をどう考えて働けばいいの? »