« 黄砂は越境汚染 | トップページ | 理想の人間関係とは? »

2009年2月28日 (土曜日)

大江 健三郎 の言葉から

世界不況の今どのようにして生きていけばいいのか?

『想像力ある楽観主義』
別の言い方をすれば『イマジン・ピース』かな。

百年ほど前の詩人がこうも言った
『人間がやったことは直せる』

蛇足;映画「地球が静止する日」は、愚かな人間が地球を破壊するのを守るため、宇宙人が人間と人間が作ったものを消滅させようとした話です。旧約聖書に基づいたストーリでしょう。その為か、日本では人気がなかった。

|

« 黄砂は越境汚染 | トップページ | 理想の人間関係とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄砂は越境汚染 | トップページ | 理想の人間関係とは? »