« 殺陣師「林 邦史朗」さんが子供に殺陣を教えてたよ | トップページ | 美しいものを 共有することで 幸せになる »

2009年3月 6日 (金曜日)

新聞連載「親鸞」の二上山の阿弥陀様

『 西の空見て 南無阿弥陀仏 弥陀の夕日の その先に』
 二上山の阿弥陀様と言われているものである。

  兵庫県にある浄土寺は、平家が建立した国宝の阿弥陀様は東向きに安置されており、夕刻ともなれば西の戸を開くれば、黄金色の夕日が阿弥陀様の背後から後光のやうに流れ込み、金色の阿弥陀様がよりいっそう有りがたくなる様は、この世の極楽浄土とさえ思えるのでした。
  武士の勤めとはいえ、数多の人びとを殺めたる穢れたわが身の業に塗れた塵芥をひと時なりとも忘れんがため浄土寺を訪れる平家のさぶらう(侍の語源)の姿が想像される。

  同じやうに、宇治の平等院もまた現世の極楽を求め建立され、前面に池を配し、彼岸の向こうを極楽と見立て、池の先に灯篭を一つ配したるは極楽浄土の明かりなり。その先には鳳凰を模った建物に阿弥陀如来がおわします。

Cocolog_oekaki_2009_03_06_16_49

|

« 殺陣師「林 邦史朗」さんが子供に殺陣を教えてたよ | トップページ | 美しいものを 共有することで 幸せになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 殺陣師「林 邦史朗」さんが子供に殺陣を教えてたよ | トップページ | 美しいものを 共有することで 幸せになる »