« 良寛さんの続き3~愛語の続き | トップページ | ローリングスのスタジアム・ジャンパーの31番て? »

2009年4月 3日 (金曜日)

良寛さんの続き4~思いやりの心

時には自分を犠牲にして他者のために行動する人がいる。
  一方で、自分の利益のことだけ考え他者をまったく気にかけない人がいる。
  日本は、他者への思いやりを持つ人と持たない人に分断された「思いやり格差社会」に向かいつつあるのではないか。
 
 年金がらみの不祥事、食の偽装、粉飾決算、教員採用試験汚職などは、自分の利益や保身だけに腐心し、被害をうける人のことを考えない生き方にほかならない。
 
  根底にあるのは「思いやり」の欠如だ。
 
 思いやりを育む上で、宗教の貢献は見過ごせない。
  諸宗教が、思いやりの心と実践に関する教えを持っている。
  畏敬の念、仏のご加護で生かされているという感謝の念が人を謙虚にし、自分の命と同様に他者の命も尊重させる。
  「おかげ様」や「恩返し」といった感謝の気持ちが「思いやり行動」の動機ともなるのだ。
 この思いやりの格差は、程度の差こそあるものの、いつの時代にも見られることであって目新しいことではない。
 
  だが、戦後民主主義から経済の高度成長、グローバル化など、自己責任とか効率化が声高になってから、目立つようになってきたと思う。

 誰でもが自分だけの身のやりくりに追われていて、ストレスも多くなり、他人を思いやる心の余裕を失ってしまっている。
 
この「思いやりの心」を価値ある徳の規範として力説したのは『孟子』である。
『孟子』は
 「人みな人に忍びざるの心あり」
  (人間にはだれしも、見るにしのびない、するにしのびない、という思いやりの心がある)という。
 
 「惻隠の心は仁の端なり」
(人の不幸をいたましく思いやる心は仁という大道の第一歩だ)
 
  『孟子』は、他人の不幸への敏感な同情によって、弱者をいたわる美しい心の情緒を言っている。
 
  そこから、自分の身を挺してでも弱い者を助けろ、弱い者がいじめられているのを見て見ぬふりをするのは卑怯だ、という武士道の「惻隠の情の大切さ」という普遍的な価値感が生まれたのだった。
 
 お天道さまが見ているではないか、と卑怯を憎む心と惻隠の大切さを忘れた現代人。
  しかし、日本人は、思いやりの心の大切さを忘れていたわけではない。かつて、外国人は高く評価している。
  しかし、時にふれ、自覚するように心掛けていないと、利己主義の世間の波の奔流に流されてしまう。
 
  良寛さんは思いやりの極北を生きた人である。
 
  良寛さんは、深くあわれんで心に悲しむという「惻隠の情」は、むしろ「慈悲の心」に変貌している。
 
 良寛が乙子草庵にあったころ、天然痘が流行して多くの子どもが亡くなった。
阿部定珍が子を失って呆然としているのを見て、こんな歌を贈った。
『世の中の 玉も黄金も 何かせむ ひとりある子に 別れぬる身は』
 (この世の中にある高価な玉も黄金も、何になろうか。ただ一人の子どもに死に別れてしまった私の身にとっては何にもならない。)

 『嘆けども 詮なきものを 懲りもせで またも涙の せきくるはなぞ』
 (亡くなった子どものことを嘆いても何のかいもないのに、それがわかっていながら懲りもしないで、また子どもを思って涙がこみあげてくるのは、どうしたことか。)
 
原田正貞の子も亡くなっている。
 『あづさ弓 春も春とも 思ほえず 過ぎにし子らが ことを思(おも)へば』
 (あづさ弓、は「春」の枕詞。)
  (春になっても、とても春だとは思われない。亡くなった多くの子どもたちのことを思へば。)

 
 『人の子の 遊ぶを見れば にはたづみ 流るる涙 とどめかねつも』
 (よその家の子どもが元気で遊んでいるのを見ると、亡くなった自分の子どものことが思い出されて、流れる涙をおさえることができないよ。)
  (にはたづみ、は「流るる」の枕詞。)

 
  子どもは正貞の子であるが、良寛にとっては自分の子と同然であった。
 
 正貞の子への歌はつづく。
 『もの思ひ すべなき時は うち出でて 古野に生ふる 薺をぞ摘む』
 (亡くなった子どものことが思い出され、悲しみでどうしようもない時は、子どもが遊んでいたなじみの野原に行き、そこに生えているナズナを摘んで心を慰めることだ。)
 
 良寛さんの嘆きと悲しみようを知るほどに、見方によってはまことに大仰な「偽善」と思う人もあろう
そう思うほど現代は、「思いやり」の欠如が感じられる。
 
良寛さんの信念とは?皆で考えよう。(つづく)

|

« 良寛さんの続き3~愛語の続き | トップページ | ローリングスのスタジアム・ジャンパーの31番て? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良寛さんの続き3~愛語の続き | トップページ | ローリングスのスタジアム・ジャンパーの31番て? »