« イチロー張本氏と並ぶHを満塁HRで飾る | トップページ | 仕事学のすすめ を観よう »

2009年4月16日 (木曜日)

ベスト電器DMに障害者用の料金で2億円浮かす

特捜が数社に入った。
通販会社、ベスト電器、日本郵便、ほか数社に例のダンボール箱を持って同時調査。
障害者用の軽減郵便料金を利用した疑い。

いつも、いつまでたっても、銭ゲバ犯罪が絶えることは無い
国が貧しい人、弱者に手を差し伸べると、悪用する輩たちは、なにを信条として生きているのだろうか?
前にも書いたが、「三方よし」の精神さえ守っていれば、正直に愚直に生きていける。さらに、良寛さんのごとき清貧さえ良しとする境地さえある。

一方で、自殺者が3万人を切ることなく増え続ける。半数が経済的理由で自殺している。いじめ、うつ、病、などが理由で自殺している。
宗教は「自殺は罪である」と説いている。「生きるとは 死ぬときまで 生きること」と説かれても、その日の糧が必要なのです

自殺より戦争が・紛争が怖い。突然死ぬのだから。

釈迦は「生・病・老・死」を四苦と言った。
人はこれらを考えまいとする。向き合うのが嫌なのです。怖いのです。
しかし、DNAにはっきりと寿命がかかれています。DNAの設計図まで生きることは至難の技です。DNAには120~140歳で死ぬとかかれています。その年令まで元気で生き、時間が来ればコロリと死ぬのが理想です。

絶対に逃れない「死」を真剣に、真摯に考え、「生きるとはなにか」を見つけ出そうではありませんか

|

« イチロー張本氏と並ぶHを満塁HRで飾る | トップページ | 仕事学のすすめ を観よう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチロー張本氏と並ぶHを満塁HRで飾る | トップページ | 仕事学のすすめ を観よう »