« イチロー胃潰瘍になる | トップページ | 良寛さんの続き5~思いやりの心2 »

2009年4月 9日 (木曜日)

お葬式~散る桜のもとで~伊丹さんの映画思い出す~

今日、近所で葬儀(告別式と言うのは無宗教のかた)がありました。
葬儀社の進行にしたがって粛々?と、アット~言う間に終わってしまいます。
葬儀の都度、「死は穢れ」と思ってか、仏壇を閉めている家がかなりあります。
私は、浄土真宗なので、亡くなられたお家が真宗なら、仏壇を開けるのですが、長老から「縁起が悪いので閉めろ」と言われたこともあります。
縁起かつぎ、祭壇は部落で取り決めがあったりします。
「仏壇があれば祭壇は不要です。」と葬儀の都度言っているのですが、「アホぬかせ!」と言われます。

去る通夜のとき、若いお坊さんが「本日は仏壇が祭壇で隠されておりますが、祭壇の奥にある『南無阿弥陀仏』が一番大切でございます」と言われました。(仏壇のご本尊を隠して、祭壇なんぞ置くとは何事ぞ!・・・と言いたかったのでしょう。)
 しかし、未だに本山の思いを無視し、葬儀屋のため祭壇を設けています。
 
こうした誤った取り決め、風習を正すのには勇気がいります
変わり者扱いされたり、ケチと言われたりするでしょう。村八分になるかもしれません。覚悟がいるのです。

親鸞さまは「真理とはまことに危うきものです。」と言われました。「愚直になれ」とも言われました。
達磨さまは「不識」と言われました。
吉田拓郎は「ほっといてくれ」と言いました。
赤塚不二男は「それでいいのだ」とパパに言わせてます。

「本物」を追求するとは、厳しき選択なのです。
全体に流されて生きることは容易い。夏目漱石は小説に書いています。その他、懸命に生きた有名、無名の先人たちは苦難の生涯を生きた。
貴方はどちらを選びますか?一度の人生ですよ?

私の友人たちは皆、「本物」「真実」を探しています。だから、皆、変人扱いされています。

以前書いたのもと重複しますが、浄土真宗のさるお寺さんのHPから少し紹介させていただきます。(一部修正加筆あり。ごめんなさい)

友 引
 以前は「とらの日」の葬儀を嫌いましたが、近くでは「友引」に葬式を出してはいけないと信じ込んでいる人がいます。これは単なる語呂あわせにすぎません

 江戸時代に始まった六曜、六輝といった暦によると、友引とは親しい人を死者が引き寄せる日と風評されていますが、根拠になるものは全くありません。

 六曜は、昔の旧暦の月と日の数を加え、その数を六で割って余りが無ければ大安。余りが一ならば赤口。余りが二なら先勝。余りが三なら友引。余りが四なら先負け。余りが五なら仏滅としたものです。

 それによりますと、例えば新暦を旧暦に換え、一二月二七日ならば一二に二七を加えて、三九。三九を六で割って、六余り三で「友引」としました。

未だに、旧暦を使うと云うのも不思議な話です。
 
 六曜は明治六年(一八七三)に法令によつて使用禁止になったが、第二次大戦後目立つようになりました。
*蛇足の長靴*引」は元々「引」と書いていたのを暦屋が勝手に変えたという説もある。

迷 信
 次の事は迷信です。当派にない風習で、むしろ禁止事項です。

①臨終で、仏壇(内仏)を忌明けまで閉じること。
 (死者が出たら仏壇の扉を開けて灯明を点じ、本山から授かった故人の法名札をお飾りして下さい)

②神棚、写真、絵画等を半紙を貼って封じる。
 (神道では死をけがれとみています。このため神棚と御霊舎に帰幽(死去)したことを告げて白紙を貼ります。この慣習が伝えられているもので、死をけがれとみない当派では関わりのないことです)

③遺体に洗米、塩、水を供え、手水をつかう。
 (いずれも、他宗派からのもので、当派では不要です)

④遺体に掛け布団または衣服を逆さに掛け、刃物を置くこと。
 (気にしないのが良いでしょう)

⑤葬儀場入口に位牌を置き、焼香すること。
 (人を差別した名残りです。廃めてほしいと思います)

⑥箸を立てた一膳飯、団子を飾ること。
 (他宗派の習わしです。必要ありません)

⑦香炉に線香を立てること。
 (線香は幾つかに折って倒して置き、燃香して下さい)

⑧棺の中に三角巾、手甲脚絆、草鞋、杖、六文銭を入れる事。
 (何の意味もありません)

⑨遺族が白装束を着、頭にトンボや三角巾をつけること。
 (廃止をお薦めします)
 
位牌と位版
 写真・位牌は昭和になってから飾るようになりました。位牌は中国の儒教で死者に冠位や姓名をつけ、位版と云っていたのが禅宗によって伝えられ、真宗以外で使われるようになったもの。
  葬式が終わったら、遺体と一緒に燃やし下さい。

遺体を拭く湯灌(ゆかん)
 湯灌と云って、盟(たらい)に水を先に入れ、湯を後に入れた逆さ水で遺体を拭いました。今はアルコールやお湯で絞ったガーゼで拭くのが、湯潅に変わりました。
 この際、故人が男性なら髭を剃り、女性なら薄化粧されても良いと思います。
 *蛇足の長靴*元木さんの映画「おくりびと」で納棺師の仕事として有名になりましたが、本来は家族、親類で行ってください。映画でもナレーションでは言ってましたが、あんな田舎では家族でやってるでしょうと思ったのは私だけか?

遺体を運ぶ寝台車いりません。
 寝台車は葬儀社のものです。遺体を運んだ葬儀社が、特権を得たようにして事後の葬式の段取りを行い、不満なまま葬儀が進行した例が幾くつかあります。
 
 赤ちゃんが亡くなつた場合、自家用車で運ぶと同じように、大人でも自家用車で運んでかまいません。
 *蛇足の長靴*私は亡くなった母を後部座席に乗せて家へ帰りました。いまは軽トラしかないので父は荷台に乗せなくては・・・落とさないように・・・・。

犬が散歩散歩散歩~だワンと吼えているので止めまする。

|

« イチロー胃潰瘍になる | トップページ | 良寛さんの続き5~思いやりの心2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イチロー胃潰瘍になる | トップページ | 良寛さんの続き5~思いやりの心2 »