« 水稲の栽培方法からみた農家のあり方 | トップページ | 農法の問題点1段 »

2009年5月 1日 (金曜日)

国民生活センターの【おすすめフレッシュ便】

以前、認知のある父の無知に付け込んだ悪徳商店の対応で近くの「消費者センター」に相談したことがあります。県が運営しているのですが、それらの情報が全国で集約され悪質なものや、注意喚起すべくものが国民生活センターのHPに公表されます。
守銭奴や老人相手の詐欺、新手の詐欺が後を絶ちません。
この国はどうなっていくのか不安になります。
「三方よし」の精神さえ守っていれば済むことなのに、不当表示したために、製品回収、信用失墜となるのです。
信用を得るのに長い時間と惜しまぬ努力をしてきた先人の汗と涙を一瞬にして無にする行為は人間の「業」といえばそれまでですが、今一度立ち止まって、「三方よし」の精神にあっているか、考える時間はあろうに。
人間とは誰しも、愚かで、罪つくりな極悪人であることを自覚して行動することが肝要なのです。

国民生活センターのサイト
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
依頼すれば 【おすすめフレッシュ便】がE-メールで送られてきます。
ほぼ、毎日のように送信されています

|

« 水稲の栽培方法からみた農家のあり方 | トップページ | 農法の問題点1段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水稲の栽培方法からみた農家のあり方 | トップページ | 農法の問題点1段 »