« 農法の問題点2段 | トップページ | 農法の問題点5段~ミツバチの異変 »

2009年5月 5日 (火曜日)

農法の問題点3段

農法の主流である「化学農法」は西洋から発展した新約聖書には自然農法の基となる「自然哲学」が書かれている。
『鳥は、種撒きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしないけれども、あなたがたの天なる父がこれを養ってくださるのです。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。』
なのに西洋から化学農法が起こったのか。たぶん、神より科学が優れていると思い上がったからであろう。その証拠に核爆発を作り、核融合まで作ろうとしている。これらは、旧約聖書に書かれている話と同じである。思い上がった人間は地球を我が物と思い、私物化し、堕落した人間を見た神の使いが一瞬にして街を破壊する話とか、バベルの塔の話などがその一部である。

権力や財力に目が眩み、人間の分を忘れ、驕り、地球の支配者になったかのようなつもりでいる人間の未来は無い。
このまま行くと人類が滅びるのはそう遠くないでしょう。個人的には100~200年で滅ぶとみている。英知をだして頑張っても1000年ぐらいでしょう。
今の豊かな?(他の生物から人間を観ると異常な姿に見える)生活を昔に戻すことはせず、科学の力で解決策を求めるとすれば、解はなく、人類は滅びるであろう。
自然はそんなに甘くないのだ。科学の力でどれだけ分かっているのか。自分の身体さ科学で直せないのです。病気は自然治癒力で治るとは神か天が与えてくれた能力でしょう。

以上の論を基に農法に戻そう。
●化学肥料は作物を急速に育てるが、軟弱になる。
●化学肥料(有機農法)は土を無機化させ、病害虫を多発させる。
●農薬は有益生物も殺し、植物の自然治癒力まで弱める。
●除草は害虫は作物に集中する。雑草は虫も食べる。
●雑草は作物の日照を遮るものだけ刈り取る。根は残す。根は土を自然に耕し、やがて天然の肥料となる。
●トラクターや鋤、鍬による耕転は自然環境を破壊し、微生物の世界を混乱させる。
●化学肥料や耕転や除草によって土壌の酸性化を引き起こす。
●自然の摂理、輪廻に逆らわない。作物は人の手を加えないほど健康に育つ。

 これらは「農法1段、2段で述べた農法を実践された方の「実感」です。
 
それでも、「宗教がでてきたぞ。胡散臭い。」と思う方がいると思います。そのような方々は「科学的に説明せよ」と思っているでしょう。多分。
しかし、実践した方たちの結果が示しています。科学は幼稚なので説明できないのです。科学至上主義者が壊れかかった地球にしてしまったのですよ。
逆にそうした人に問います。『科学の力で地球環境を戻してくださいと。』

蛇足:柔道で技が崩れ腹ばいになると「待て」がかかります。あの腹ばい状態を180度ひっくり返すことができます(平蜘蛛返し)。そのまま押さえ込めば「横四方」になります。・・この話を聞いた学者が「科学的に不可能だ」というので、やってみせたら、まだ学者は「計算上不可能なんだが」といったそうな。学者ってやつはどこまで利口なんでしょう?bleahhappy02shockweep

|

« 農法の問題点2段 | トップページ | 農法の問題点5段~ミツバチの異変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農法の問題点2段 | トップページ | 農法の問題点5段~ミツバチの異変 »