« 農法の問題点5段~ミツバチの異変 | トップページ | 農法の問題点 5段 »

2009年5月14日 (木曜日)

葬儀等の電文例の変更について

  「農法の問題点5段」のタイトルは「農法の問題点4段」の誤りでした。お許しあれ。

話題を変えて、投稿します。

先日、近所で葬儀がありました。Middle_1164725192
 注:浄土真宗では告別式とはいいません。葬儀は亡き人のためでなく残された人のためにあるのです。 浄土真宗や浄土宗は亡くなることを「往生」といいます。阿弥陀さまの世界で生まれ生きるからです。死人は亡骸でしかありません。死を穢れとして捉えません。
   
葬儀の電報の文面が以前から気になっておりました。
そこでNTTへ以下のメールを送信しました。

***************

葬儀等の電文例の変更について

前略 かなり昔 電話にて 見出しのことについてお願いいたしましたが、
今だに 変更されておりません。
ご検討いただきますよう お願いします。

「葬儀等の電文例の変更について」
①葬儀等の宗派別に分ける。
  葬儀のお宅が神道・キリスト・イスラム・創価・などの場合、どのような文章に
 すれば良いのか私は分かりません。
  
②電文例は宗派の本山等に添削を依頼する。
  電文例に「ご冥福をお祈りいたします」が多いのが、気になります。
  仏教ではほとんどの宗派が「ご冥福をお祈りいたします」は使わないよう
 指導しております。熱心な坊主は怒ります。
  「冥土」とは真っ暗闇の世界を指し、そこで幸せになってくれ・・・・という意味になります。  「冥府魔道」は「子連れ狼」で有名ですが。

NHKや民放局もテッロプで『ご冥福をお祈りいたします』と出しておりましたが、以前、関係者にお願いしました。最近では「ご冥福」を使わない局もあります。

以上の見直しをし、HPや電話帳に明記することは、
  ご逝去されたご家族にとって失礼にあたらない、
  電報の発信者は恥をかかない、
  NTTは社会に正しいマナーを広めることを電報事業を通して行う。
  「三方よし」の精神に合致する行為といえましょう。

ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。   以上

ちなみに、私は、
 「ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。
  ご家族の皆様が心を合わせて、強く生きられますよう
  お祈りいたします。」

|

« 農法の問題点5段~ミツバチの異変 | トップページ | 農法の問題点 5段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農法の問題点5段~ミツバチの異変 | トップページ | 農法の問題点 5段 »