« ECOの続き | トップページ | 農法の問題点 8段 農薬「ネオニコチノイド」による「被ばく」 »

2009年6月23日 (火曜日)

パソコンがガタガタなのだ

W-XP発売当初のPCなので、メモリーが小さくサクサクと動かない。
不要なものは捨てているが所詮CPUが遅く、メモリー不足である。
最近のHPなどは動画は当然のやうだし、PDFやメディアプレイヤーもドンドン新しくなり、32ビットは当たり前で、CPUは64ビットで動いている。
これらに古いPCは付いていけないのです。
ビスタは来年になるとW7に取って代わられ、2000MEみたいになりそうなのでW7が安定するまで買わないのだ。

トロンでOSつくらないのでせうか?
一度トロンの赤いPC見たのですが、実験で終わったのでしょうね?
携帯はITORONの独占ですけど、PCも日本のメーカさんに頑張ってもらいたい。
アメリカの圧力さえなければ、世界中のPCはトロン になってたのに・・・。
そうだと、MS社は存在せず、利益は日本国のものになっていたら、こんな不景気なんて発生しなかったかもしれない。

敗戦国の悲哀。今日は沖縄が壊滅した日である。Sotetu_mebana

食糧難からソテツの実を食べ多くの沖縄の人が死んでいった。

|

« ECOの続き | トップページ | 農法の問題点 8段 農薬「ネオニコチノイド」による「被ばく」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ECOの続き | トップページ | 農法の問題点 8段 農薬「ネオニコチノイド」による「被ばく」 »