« 農法の問題点 5段 | トップページ | 農法の問題点 7段 »

2009年6月 3日 (水曜日)

農法の問題点 6段

蓄糞堆肥の落とし穴。
野菜栽培の大規模化にともなって、科学肥料による連作障害が問題化してきました。
指導機関も堆肥の投入等を奨励するようになり、蓄糞堆肥を作る施設を助成してきました。畜産業の公害問題の解消も兼ねて行われた。
公害問題のあと、有機栽培の言葉が氾濫し、消費者との問題を解決するためJAS法を制定し、蓄糞堆肥も有機認証された
蓄糞堆肥といっても昔のように草などの自然のものを餌にしたものと、輸入に頼っている配合飼料が混在している。というより、今はほとんど配合飼料でしょう。
昨年飼料代が高騰したが、それでも畜産農家は使わざるを得ないのです。
なぜか?
配合飼料でないと量がとれないからなのです。
農水省は家畜の飼料に122種類の添加物を認めています。
①品質低下を防ぐもの⇒防カビ剤、坑酸化剤、乳化剤など16種類
②栄養補給⇒ビタミン、ミネラルなど69種類
③家畜に有効⇒抗生物質、抗菌剤、酵素など37種類
 効率性のため20種類の抗生物質や7種の合成抗菌剤を飼料工場で添加しているのです。
  蓄糞堆肥は微生物と酵素をいれ、短期間で堆肥化するのですが、科学的に安全だと証明はありません。
  草や藁で飼育された蓄糞堆肥なら安全ですが、98%輸入に頼っている遺伝子組み換えのトウモロコシがベースの蓄糞堆肥は危険です。(トウモロコシ受粉の道具として使われていたミツバチがいなくなった原因はいまだ究明されていません。)
  蓄糞堆肥を田んぼに撒き、微生物から人間までの食物連鎖を経てなお残っている成分が「生物凝縮」される危険があります。病院の薬を飲み続けると、化学物質が体内に蓄積されるのと同じことなのです。
  BSEがでるまでは死んだ家畜の残骸まで飼料に添加していました。

肉を食べるのに、人間が食べられる穀物を与え、さらに効率性のため添加物を加えてまでして家畜を育てる必要があるのでしょうか。
 
世界の30%の人が飢餓であるという歴史は今も続いています。
なのに、トウモロコシから燃料をとることまで始めてしまった。
 
生物の一部しか見ず、単なる工業製品のように扱っている農業に未来はない。

|

« 農法の問題点 5段 | トップページ | 農法の問題点 7段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農法の問題点 5段 | トップページ | 農法の問題点 7段 »