« 経済成長は悪の根源? | トップページ | 巨大化するメモリー »

2009年8月24日 (月曜日)

MLBにも小柄な選手がいる

Boston Red Sox  の2番バッターでPmlb23514794dt

ペドロイア選手
Dustin Pedroia#15 | 2B  

2007年新人王・オールスター 2008ゴールドグラブ
身長175cmと小柄であるが、フルスウィング、ヘッドスライディング、ダイブ、全力疾走は当たり前のようにやっている。
そんな彼のモットーは「全力でやらないこと」と言っていた。
本音かどうかは分からないが、怪我で休むこともなくプレーしている。Pmlb25472018dt
客にかっこよく見せようという素振りがなく、素でプレーしている型破りな選手で魅力がある。
ただ、バッティング前に鼻の下を伸ばす癖と禿頭が残念だ。

イチローも怪我がないように球場へ一番乗りして準備している。
試合中も次のプレーに備えて準備している。準備あってのプレーなのだ。
殿堂入りの往年の選手達がオールスターで現役選手と握手するセレモニーがあり、小柄なOBからイチローに「あなたは常に準備を怠らない。感心しています。」といった。イチローは非常に嬉しかったと語っていた。

怪我がないのが名選手といわれる人は、自己管理、準備をきちんとしている。
王、長嶋はスター選手ゆえ休むことはできなかった。若いうちはカバーできても年令とともに身体を柔軟にしておかないと怪我をしやすい。
金田投手が巨人に来たとき王、長嶋の身体の硬さにビックリし、金田流柔軟体操を教えたそうである。

400勝投手金田の自己管理は徹底していた。
遠征さきのホテルは個室で夏でもクーラは入れない。食事は自分で作る。遊びには出かけない。投げる左手でボール以外のものは持たない。わが子さえ右手で抱いた。

今も投手は利き手で荷物は持たない様子がTVで見れる。試合終了後のハイタッチでさえ反対の手でやっている。

|

« 経済成長は悪の根源? | トップページ | 巨大化するメモリー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。