« フィルム・カメラみたいなデジカメ | トップページ | HDリマスター版のTV映画 »

2009年11月30日 (月曜日)

キー配列~その後

「キー配列」で検索した。
提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のキー配列
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E9%85%8D%E5%88%97
をまず参考にしてください。

キーボード配列QWERTYは悪意の配列と書いたが、ガセ話かもしれぬ。英語に日本語が加わるとTRONを始め議論百出。我こそ正論なりといつまでも最善に近い日本語キーボードが出てこない。提案はあるのですが・・・。    10キーでも電話と電卓は逆配列です。しかし、それぞれに根拠があり、譲らないのです。

詳しく勉強したい方は

「キーボード配列QWERTYの謎 」安岡孝一/安岡素子 著 を読まれたい。

51lrhs6xmal__ss500_ 発売日:2008.03.12
定価:2,940円
サイズ:A5判
ISBNコード:978-4-7571-4176-6

この本の内容 PCのキーボードは、なぜ今のようなキー配列になったのか。製品化をめぐる戦いのエピソードから、必ずしも最良ではないQWERTY配列がデファクト・スタンダードになっていく過程について読み解き、その起源に迫る。
サイトはここです。
http://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100001836

やはり、人の心が・・・問題ですね。

|

« フィルム・カメラみたいなデジカメ | トップページ | HDリマスター版のTV映画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィルム・カメラみたいなデジカメ | トップページ | HDリマスター版のTV映画 »