« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »

2009年7月11日 (土曜日)

農法の問題点 9段

「NHKのコメ食う人びと」をご覧になったと思います。
中国少数民族の棚田から始まり、インド、イタリア、東南アジア、最後はアメリカだった。
コメを命の分身とみる人びとから、商品とみる人びとまで様々である。

アメリカの稲作は、①平に均す(6ha/H) ②乾田に33条の直播機で20cm間隔でモミ1粒づつ蒔く(日本の8倍の効率) ③レーザー付きのトラクターで等高線の畦を作る(巨大な棚田状態) ④PCソフトに従って施肥・防除を行う(飛行機) ⑤市場価格をみながら精米工場へ販売
 TVを観て唖然とした。コシヒカリ栽培農家は、「多く作ると日本の価格が下がるから遠慮している」などとコメントしていた。 アメリカの農家も助成金は貰っているはずだから、そんな言葉がでるのでしょう。
 
 日本は大規模化による効率を求めようと永年行政が指導してきた。
例えば、農地の集約化を唱え、1枚30aの田んぼに基盤整備した後、さらに1haにやり直した。水路のパイプラインを行ったりして農家は借金を抱えた。その挙句、減反政策となり、国の助成金も底を着き、というより、最初は農家を説得するために助成金を出すが、徐々に減らされるのが現実である。
 ついに、赤字財政などから会社の農業参入が認められた。居酒屋「わた民」の美樹社長のところは、直営農場と契約農家(販売価格は市場価格に連動せず、一定価格)の無農薬有機野菜などがお店や老人ホームで使われる。
  美樹社長は若い時、佐川急便で資金を作り、企業した方です。BUNちゃん先生は美樹社長を褒めていた。「わた民」グループは赤字部門と黒字部門があり差し引きゼロだが、「客やお年寄りが喜んでくれるのが目的だから嬉しいです」と語っていた。また、「JAは専業農家の技術にはついていけず、また気候リスクもあり、もっぱら兼業農家の増加に偏重している。JAはリスクを避けJAの主旨を放棄している。」とも発言した。
  言われてみれば尤もである

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木曜日)

グーグル、「Google Chrome OS」を発表~無料

「TORONでOSを」のブログは書き溜めておいたものです。日本がモタモタしてる間に「Google」がOSを無料で送り出すとは。

いつかやると思っていたが来年にW7が出る時期にあわせて出すようだ。

PCソフト業界が独占から競争の時代になろうとしている。

当然な話であるが、MSはVistをだすとき「XPの面倒はみない」と発表し、XPのユーザーから総スカンを喰らい、「XPの面倒はみる」と言い直した。独占ゆえの行動であった。

最近ではVistの一部のメンテをやってない話も聞く。

先日のブログに書いたやうにMSは「XP⇒Vist⇒W7」と言っているようだが、独占者の気質が骨の髄まで行き渡っているのかしらん。

私を含め、MS離れを密かに計画中の貧乏PC利用者は相当数だらう。

わかるとできる」パソコン教室に通っていた頃、WinXPが発売されて間もない頃、講師で社長のBUNちゃん先生「Google はすごい会社だ。発展性があり世界のGoogleになるでしょう。」と板書の合間に話していたのを思い出します。

当時、検索会社ならたくさんあるのに何故Googleなのか?でした。

Googleの検索エンジンは、このブログの記事の中身まで検索することができる。かつて、検索をしていたら、自分のブログの記事がでてきた。これには驚くと同時に恐怖さえ感じた。

近年、GoogleはGメール、地図、ブログ、ポップアップブロック、Googleクロームなど新手のソフトを無料で次々と出している。私もついついダウンロードしてしまう。ダウンロード時間も早く、いつの間にかバーがGoogleだらけになってしまった。 娘はSoftBankの川﨑ファンなのでYahooのバーを追加しているため、IEのバーが5本もある。

「Google Chrome」は重宝している。 文章はテキストで書いておりますが、調べ物があるとき「Google Chrome」でサクサクとできるのがいい。 

以前なら、Wordで文章を書きながら、IEを起動させ、「Google 」のHPから調べていたのが楽になった。(同じことしている方は早く変更しましょう

「Google Chrome OS」の記事は、

Images_google

のサイトで過去の情報も読んでください。

http://www.computerworld.jp/topics/google/

記事の一部を載せます。

 Chrome OSは軽量なOSで、ネットブックを主なターゲットにしているという。対応アーキテクチャは「x86およびARM」で、2010年には同OSを搭載した複数モデルのネットブックが各OEMから発売されるとされている。

 Chrome OSは「起動後、数秒でWebアクセスが可能」であり、Webアプリケーション中心の利用が想定されているようだ。「スピード、シンプルさ、そしてセキュリティがChrome OSの特徴。

 また、アプリケーション開発者に対して「Chrome OSの開発プラットフォームはWebである」と説明していることから、同社のWebブラウザ「Google Chrome」のみが起動するシンプルなOSであるとも考えられる。公式ブログでは「『Linux カーネル上で動作する新しいウィンドウシステム内で動作する Google Chrome』というシンプルな」アーキテクチャであると説明されている。

 開発プロジェクトについてはすでに複数のパートナーと議論を進めており、オープンソース・コミュニティとの作業も近いうちに開始できる見込みだという。

 なお、Chrome OSプロジェクトは、同社のスマートフォン/MID向けOS「Android」プロジェクトとは独立したものだと説明されている。Androidは携帯電話、セットトップ・ボックス、そしてネットブックといった幅広い領域をターゲットにしているが、Chrome OSはネットブックから一般的なデスクトップPCまでの、処理能力の高いコンピュータ群をターゲットにしている。

米国Microsoftはスマートブックには参入しない方針を示している。

| | コメント (0)

マイクロ・ソフト社のWindows7

マイクロ・ソフト社のWindows7のPRには、XPからいきなりW7は不具合が生じるので、VistaにしてからW7へ移行するよう書いてあります。

XPの利用者を不安に陥れ、MS社は丸儲けじゃないですか。
アクドイ商売ですね。馬鹿にしてます。訴訟が世界中で起きますよ。

ある専門家は、Windows Vista は第二のWindows2000MEになると言っています。
MEはよく凍り付きました。サポートはほとんどありません。「新しいの買え」と言ってるのと同じ事でせう。滅茶苦茶ですよ。独占企業の醜い姿でしょう。
「そんなの嫌だ」とかなりの人がMACへ移りました。

Windows Vista 発売当初、各社のメモリーは1MでHome搭載でしたが、重い、Vistaの特色が無く、すぐさまプレミアムに変更、メモリーは2Mになり、3M、4Mと増えていきました。
息子は先日Windows Vista を買いました。OSが重いのでメモリーは6Mに増設しています。

Windows 95はアメリカのパソコン業界(IBM)をNEC PC98から守るため、日本のPC輸入規制をかけていた間に出来たものでしょう。

私の推察ですが、25年前、東大の坂村 健教授が公開したトロンをMS社がパクッタOSがWindows 95だと思っています。
携帯のITRONや家電の表示は全画面入れ替わり、戻るで前画面を表示するが、
Windowsは前画面を見えるようにしただけだ。

坂村教授が官民一体でプロジェクト設立を唱えたのに日本は対応が遅い遅すぎる
25年前のあのとき、迅速に動いていれば、MS社は存在せず、PCのOSはTORONになっていたでしょう。
MS社の半額で日本政府が世界中にOS提供していたら今の不景気なんのそのでしょう。

また、Windowsの漢字は使いにくい。Vistaの日本語担当者は韓国人だそうですね。
BTRONの超漢字と比べようもありません。

TRONとMSは20年経って協定を結んだようですが、その頃TRONのOSを使用した赤いPCの試作機を新聞でみました。小さくて早いがPCはMS社が独占状態なのでビジネスにならないと業界は判断したのでしょうか?

TRONのOSとフリーソフトのPCを発売すれば売れます。少なくとも私は買います。

日本のメーカーさん作ってみたらどうでしょうか。
ただし、市場調査する前にTRONの宣伝しないと駄目ですよ。
携帯ギャルたちはITRONが使われていること知りませんから。

| | コメント (0)

« 2009年6月28日 - 2009年7月4日 | トップページ | 2009年7月12日 - 2009年7月18日 »