« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月18日 (土曜日)

今年の土用の丑の日は2日ある。なぜ鰻?

万葉集の家人大伴家持が

「夏痩せしたんだったら 鰻を食べたら良いぞ」

と歌っている、生活の知恵だったのでせう。

ところで、土用丑の意味分かってますか?

土用とは?

 世の中の全てが「木火土金水」の五つの組み合わせで成り立つという「五行説」を季節にも割り振れば、
木⇒春 、火⇒夏、金⇒秋、水⇒冬
  に当たりますが「」のやり場が無い。
そこで、「土の性質は全ての季節に均等に存在するだ!」とこじつけ?て、各季節の最後の18~19日を「土用」としました

土用というと夏を思ってしまいますが、前述したやうに全ての季節に土用があります
土用は季節の最後に割り振られる。例えば、夏の土用は、立秋の前の日までとなる。
季節の変わり目に「土用」を置くことで、季節を静かに交代させる働きをすると考えた先人はナイーブだった。

丑の日 とは?
 
 丑の日の「丑」は十二支の「子寅卯辰巳午未申酉戌亥」の丑である。
土用の入りから土用明けまでのあいだで丑の日にあたる日が「土用丑の日」である。
従って、毎年丑の日が変るし、年によって1日だったり2日だったりする。

2009年は、 7月19日(乙丑)と 7月31日(丁丑) の2日あるが、来年は 7月26日 (丁丑 )の1日である。

蛇足:還暦とは?
「木火土金水」の「五行説」は暗記せよ。
 さらに、「木火土金水」はそれぞれ「」(があり、例えば「木」は(キノエ、キノト)となります。5×2=10通りとなる。
10通りを1字で表すため、「木」の「兄を甲」「弟を乙」と割り振る。
「火」は丙、丁とする方法で・・・・水のトで10となる。
 今年の土用の丑の1つめは、7月19日()なので(キノエウシ)と読む。
2つめは、7月31日()なので(ヒノエウシ)と読む。

 十二支の「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」と前述の「五行のエト」を組み合わせると
12と10だから2つずつずれていく。そして、60回目の組み合わせで元に戻るから「還暦」という。

●土用丑の日はウナギ以外でもいいのではないか?

 その通りで、「精の付くもの」を食べればいいのだ。
例えば、蜆(しじみ)、餅、卵など。栄養剤でもいいのだ。
土用に鰻を食べる習慣が普及したのは、日本のダビンチ?こと平賀源内が『夏場にウナギが売れない』ので何とかしてよとウナギ屋に相談され、コピーライター源内が「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています?。嘘っぽい理由も書いたに違いないと思うのです。

『夏場にウナギが売れない』とウナギ屋が言ったのなら、ウナギは何時食べていたのでしょうか? 夏以外だらうと猿でも分かる。
 晩秋から冬の魚は海水・淡水を問わず、脂がのっててゼッビンなのだ。 当時は天然物だから脂ののりぐわいもひつこくない。
  ただし、マグロの大トロはひつこいので売れなかった。止む無く漁師がネギと炊いて食べていた。ねぎま鍋である。

なぜ丑の日で ウナギなのか?

 十二支のうち「丑辰未戌」の4つが五行説の「」に当たります。
丑の日はウがつく食べ物が良いとされる。 語呂合わせ?。
ならば、馬、ウサギ、うどん、ウマキ、うり、などが思いつくが、獣肉は親しみが無い。万葉の時代から評判のいいウナギ落ち着いたのでしょう。たぶん。

良い活鰻の見分け方?

 「皮が柔らかく、身に味があり、適度に柔らかく、臭いがなく、適度に脂が多く、小骨の細いもの。」⇒魚の皮は美味しいのです。皮だけの竹輪を食べたのですが噛めば噛むほど旨みがでてくる。
うなぎは99%が養殖、天然に比べれば比較的品質は安定します。

安全のチェック

 中国、台湾産より日本産が安全だとは限りません。
肝臓 と肉片を検査し、抗生物質や抗菌剤の残留が無いかを確認してください。
個人では出来ないので食品表示してもらいたい。
今日のスーパーのチラシに「国産・残留なし・○○県産・・・」と安全性をうたっていました。
信用できるお店から買うことしかないでしょう。


家庭でウナギを美味しく食べたい~

 焼きたての蒲焼と、焼いてから時間が経ってる(冷凍や冷蔵していても)蒲焼はどんなに頑張っても同じにはなりません。
 「焼きたての味をそのまま真空パック」というコピーも見かけますが、あれは単に「焼きたて」を真空パックしただけで、「焼きたての」は真空パックできないのです。
しかし、酸化は起こりません。

真空パックの冷凍のうなぎの場合
 直火を使えば蒲焼の香ばしさと軟らかさ甦らせることが出来ます。
それにタレとご飯が加わって、美味しいうな丼になるでせう。
 (1)お湯で少し温めます(人肌ぐらい)
  (2)半分に切って十分に熱した網にのせます
  (3)魚焼き網で中火~強火で焼いて、身の表面が
    泡立つのを待つ

  (4)一度タレにつけて軽く炙ります
  (5)焼きたての香ばしさとふっくら感が復活します
(6)ご飯に満遍なくタレを絡ませてから鰻をのせる。

真空パックでないうなぎの場合
  弱火で軟らかくなるまで温めます。
   そして、思い切って焼きましょう!

電子レンジでは無理なのだ。
 鰻屋さんと同じように煙だして焼かないとダメなのだ。

「それがいい」Titleanime   「それでいい」

続きを読む "今年の土用の丑の日は2日ある。なぜ鰻?"

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火曜日)

弁栄上人のお言葉より

山崎弁栄(べんねい)上人(1859~1920)は、化学、生理学、生物学、哲学等を吸収し、仏教、儒教、キリスト教の説を自由に駆使して論ぜられるため、浄土宗では異端とみられ、懲らしめてやろうと浄土宗の僧侶たちが知恩院で弁栄上人の講演会を開いたのですが、かえってその講演に感激する者たちが出たという興味深い方です。

日本人で最初にインド各地の仏蹟各地を巡拝したのは弁栄上人です。
明治27~8年インドに旅し、釈尊の遺跡を巡歴したのち、日本に帰ってから「阿弥陀経図絵」Amida を日本中を巡り歩いて施すこと25万部という途方も無い生涯を生きたお方です。

 そんなお方に纏わるお話は事欠かないのですが、先日私の好きな思想を持った建築家にメールで紹介したところおおいに感激された弁栄上人のお言葉です。

『家を建てても実際に必要な部分は室の中の空間です。
 この空間は、大工、左官が造るのではない。
 本来の空です。
 この空は火にも焼けません。
  大工左官が造ったものといえば
 同一空間を内と外に隔てただけのもので
 この隔ては火に焼けます。

 造ったものは滅します。
  住むべき家は木竹ではなくて空間
 真実の家は本来「空」です。
  心霊の戸を開けば、宇宙と一体となり
 われは宇宙全体のわれとなるのです』

蛇足の長靴:
 日食とやらで世間は浮かれています。
 映画館では太陽のフレアーで地球の生物が燃え尽きる「ノーウィング」を日食にあわせたかのように公開しています。
 
  そんな時こそ旧暦愛用者のわたしは『弁栄上人の月にまつわる歌』を紹介したくなるのです。

 月を見て 月に心のすむときは 光のほかに われなかりけり
   
 
この短冊を目にした高野山金剛峰寺管長・亀山栄慶大僧正は、顔に驚愕の色を表し、「そう…」と呟き、茶碗を両手で抱きしめて、しばらく器のなかに眼を落としていたが
「これは、悟りを開かれたお人の御歌です」とぽつりと言って、茶を一気に呑み干したそうな。

| | コメント (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »