« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »

2009年10月23日 (金曜日)

常用漢字の一部入れ替え??

世論は「よろん」とも「せろん」とも読める。NHKなどマスコミは「よろん」と読んでいる。わたしは学校で「せろん」と習ったはずなんだが?と思っていたらNHKの「時論公論」で学者らしき人が、世論は「せろん」であり「よろん」は輿論である。常用漢字に入れろとかどっちでもいので、意味を曖昧にしていることは漢字の冒涜だ・・なんぞと唱えていた。
「地名にあるのに常用漢字にない」と三市長はじめ地域ボスがわめいていたっけ。

国が使う漢字など定めても、パソコンで変換すれば見たこともない漢字がでてくるので、ついつい知ったかぶりして使ってしまう。
また、逆に、なんでこんな簡単な漢字が変換されないの??といふ時がある。やむなく別の読みで入力しなければならぬ面倒もある。
そもそも、国語審議会でガヤガヤやっている一方で通産省のJIS漢字担当者は適当に勝手に漢字コードをいじりまわしているようです。特に「俗字」といわれる漢字の扱いは ほんと~に適当です。
「吉野屋の牛丼」の「吉」は「土吉(つちよし)」の俗字ですがわたしのPCではIME手描きパッドを使っても「土吉(つちよし)」はでてきません。来年2月になれば「丼」とともに常用漢字に加えられます。そうなってもわたしのPCでは「土吉(つちよし)は打てないのでしょう。シフトJISは漢字1~3・外字・数学漢字に分かれている。
 ちなみに吉野家のHPからHeader_logo001

野家には独特の企業文化があります。目に見えない野家・・・・・(注)「土吉(つちよし)」を使い分けている。

 日本の漢字も簡略化されたが、名前は戸籍の漢字を使えとお上から命があり、名詞・名札が黒沢から黑澤に変えられてしまった。黒は漢字1にあり、黑は漢字3にある。「くろ」で変換しても黑は出てこない。
  こんな状態だと社保庁の年金問題担当者は、だれが誰だか分からなくなりますよね。
 
中国の簡体字は悲惨である。無謀である。歴史をないがしろにしている。Gansait
日本や中国の書家は簡略された漢字を書きたがりません。もっともだと素人のわたしでも思います。簡略され漢字の意味を持たず、文字のバランスが悪い。書きにくいですよね。

 漢字の意味をないがしろにし、単なる記号としてしか見ていない奴らは漢字の祟りを受けよるだろう。すでに社保庁はうけています。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火曜日)

稲刈りが土曜日に終わった~父の強制送還

天気予報では土曜日は雨のち曇りだったので、日曜日も稲が濡れているため午後から稲刈りとなり、月曜日はカントリーが休みのため20日の火曜日と21日になることも考えられました。カントリー最終日は22日なので天気次第で農業は左右されます。
効率からみるとメチャメチャ悪いです。雨がパラット降るだけで4日稲刈りが遅れるのですから。あるいは部落か親戚に葬式ができても困るのです。農家は農繁期に死んだら迷惑がかかるのです。  そのため稲刈りができなかったら1年の苦労が藻くずとなるのですから。

そんな心配をしている最中、父が入院している病院から「入院期間を過ぎたので~~介護施設へ戻ってくれ。」と電話がありました。
「稲刈りが済むまで待ってください。」と返事しましたら、「それは何日ですか?」といわれましたが「天気次第です。」と答えました。
  15日の15時施設の方が来て父を病院から施設へ移動させました。そんなことを知らない私はボロのコンバインで1人で稲刈りをしていました。夜、妹と連絡をとり明日の朝に父の移動を決定し病院へ連絡すると既に父は移動しておりました。

 翌朝、妹と布団や毛布などをトラックに積み施設へ持ち込み整理を妹に頼み私は稲刈りの続行をしました。
月曜日に施設の契約締結にいきました。
疲れがどっとでてきました。TVをみながら転寝をしております。

そんなときにかぎって芸能人が奥深い村を訪ねて「いいですね~こんな所ですんでみたいですね」などと馬鹿まるだしのコメントをやっているのにでくわす。

| | コメント (0)

« 2009年10月11日 - 2009年10月17日 | トップページ | 2009年10月25日 - 2009年10月31日 »