« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年10月27日 (火曜日)

パソコンで親指シフトキーボードを使いたい

親指シフトキーボードなんて聞いたことがない?あなたは若い。中年なら知っている。

【親指シフトキーボードとは】 Dscf0001_2
Dscf0003_2 1980年、ワープロ専用機『OASYS』に初めて採用され、以来、現在まで多くの??お客様に支持されている、日本語を効率的に入力できるキーボードです。
パソコンでは1987年1月のFMRシリーズ(デスクトップ)でサポートを開始し、その後1993年10月よりFMVシリーズでもサポートしております。

富士通専門店「アクセス」が、あの“親指シフトキーボード”を採用したモバイルノートを販売 ・・・なんて2005年の古い記事が載っていたりして、利用者が多いとはいえない。
値段もキーボードが3万円とWindowsパソコンで使えるようにするワープロソフト「OASYS V10」<VISTAにも対応!>が特価: 18,900円 と5万円も余分にかかる。
ノートだと特注すれば数万円高くなるようだ。

PCのJISキーボードで日本語を打つのは不便で遅いNICOLAのサイトの動画を見れば一目瞭然です。この文章はローマ字入力していますが、親指シフトだと約1.7倍早くなります。「JISかな入力」が2位で「ローマ字」は最下位の3位です。
  金融機関の為替端末で入力している人のなかで「JISかな入力」している人が多いのには理由があったのです。
 
  それ以前にJISキーボードの配列が英語でも打ちにくいのはご存知かと思います。
 『知らない方へ』⇒タイプライターがアメリカで作られたときは、当然、英語が打ちやすいキー配列にするのは製作者の良心ですよね。しかし、使用者が慣れてくると早く打つのでアームがひかかったりする故障が続出しました。メカが着いていけない。だから、いくら修理してもすぐ故障する。 たまりかねた製作者は悪意で打ちにくいキー配列にした。その配列が現在にいたっているのです。おまけに、売るときは英字の上段でタイプライター「typewriter」と打つと1列で打てるのです。
 メカを改良せず悪意に満ちたJIS配列をおぞましく私は思っています。人間の良心を捨て、金儲けのために将来困るであろうキー配列にした人間のエゴ・驕り・堕落・・・を象徴した製品です。いつか博物館へ展示すべきでしょう。JISに認定した日本政府役人を恨んでおります。

PCはハードは進化してソフトが両輪の役目を果たしていません。
英語ならキー変換ソフトで打ちやすくすることができます。日本語は母音あいうえおをローマ字入力では余分に打たなければなりません。「あ」が続くと小指がつりそうになります。そのため、ホームポジション付近にソフトで移動させている人はいると思います。これは最低限すべきでせう。

日本語入力に合ったキー配列をJISにして欲しかった。すると役人は「これだけ普及しているのに今から変更したら費用がかかるので~~」などど言い訳するでせう。だから、JISで決めずマーケットに任せておけば自然淘汰され、いいものが何種か残る。

ワープロは日本語入力に関しては便利だった。各社がオリジナルをだし競っていた。
W95あたりからPCが普及しだすとキーボードはJISになった。これが原因でPC離れした中年は多い。未だに中古のワープロをジャンクで買っている中年がいる。

親指シフトの普及はかなり遅れている。富士通さん頑張ってください。

蛇足:Wordは印刷編集用です。文章入力はテキストにしよう。

富士通のサイトから法人向きへ

親指シフトキーボードをお使いになる方へ へ進んでください

富士通専門店「アクセス」に商品が載っています。

NICOLAのサイトがわたしのいいたいことが書かれているので必見です。

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月曜日)

電気自動車が150万円で買えるぞ

 電気自動車は古くから研究されていた。インフラ等からガソリン車が優位になった。
鉄道をみれば分かるように石炭からジーゼル機関へそして電車になった。
自動車との違いは鉄道には電線がないと走れない。そのため電線から外れないようレールがある。電線がなくても走れたらいいのだ。それが電池なのです。

ハイブリッド車は複雑なのが問題だ。電気自動車では実用性に欠けるためHV車が出来たが、中途半端だ。複雑だ。
 
  Yog_sim04_2 慶応大学の清水教授が開発した高性能リムモーター Technology3_2とインバータと電池の8輪駆動車は370kmをたたき出した。F1なみであるが、構造は単純で軽量なのでF1のような微妙なセッティングは不要だろう。
  加速感が凄いと教授が言っていた。鉄道が電車になったときの加速感以上だと想像できよう。

  複雑なのもから単純なものへ。
  効率のいいものへ。

Simdrive_logo_2 
  SIM-Driveのサイトをとりあえず見て勉強しておこう。
 

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日曜日)

半不耕起のまねごとの報告~水稲

半不耕起のまねごとの結果と反省です。

 Photo2月終わりに水が来たので田んぼに潅水した。4月になると雨が降らず田んぼはひび割れた。わずかに発生していたサヤミドロも枯れた。それでも、藁はスカスカ状態でメタンガスをだす気配がないほどであった。

私以外の慣行農法の農家は、田起こしをし、しばらくすると草が生えてくるので、またトラクターで耕している。2~3回は行っている。
  その間、わたしはすることがなく暇でした。そんな状況ですから、わたしが田んぼに水を入れると隣の田んぼの畦際が少し湿ってくるので私も遠慮し、潅水できませんでした。それ以前に、雨が降らない地域なので冬季潅水を田植えまで維持できません。
  そのため、田んぼにサヤミドロが発生しなかったため、雑草の抑制にならず数種の草が発生したのですが、想像していたより雑草は少なかった。

稗に毎年悩まされるのです。今年も稗が生えてきたので草取り作業をしました。長靴で作業できるのです。 慣行農法で何回も耕起していたら田植え足袋でないと作業できません。わたしの田んぼは1年目なので、半不耕起とし、5~7cmの深さで代かきをしました。だから長靴で田植えした田んぼに入れるのです。
  やはり水不足が問題です。田植え後はドンドン水位をあげて深水管理すれば雑草が抑制できるのですが、水制限される地区ですので田んぼに入れる水は最低限しか入れられません。満水にしようものなら陰口をたたかれます。
  水持ちがよく慣行農法の田んぼの水がなくなっても、わたしの田んぼには水が残っていました。
  苗を育てるのに気を使いました。1箱当たり籾量を来年はもっと減らす予定です。JA指導の半分程度かな~?
 
参考】世界中に、さまざまな耕さないで行う栽培技術がありますが、総称して「不耕起栽培」と呼んでいます。種を直接播く直播き技術や、岩澤信夫氏が提唱する苗を作ってから移植する技術などがあります。ですから私達の選んだ方法は、正式には「不耕起移植栽培」というのです。

田んぼ博士の応援隊のサイトに詳しく書かれています。

 また、カメムシによる斑点米 に関する資料や、斑点米を消費者に実際に食べ比べるYOU TUBEも載っています。 1000 粒に2-3 粒着色粒があれば2等米になる。国やJAは農薬散布せよと助成金付きで指導しています。ミツバチ大量死を招いた成分が入っている農薬です。原爆農薬かもしれません?

要望事項
1.農産物規格規程における米の着色粒の項を削除し、着色粒があった
としても格下げをしない。
2.斑点米カメムシ類の発生を物理的、耕種的手段などで抑え、農薬に
頼らない稲作技術の開発・普及をはかる。

| | コメント (0)

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »