« PCからCDをいい音で聞く方法 | トップページ | またフィルムが燃えた »

2010年1月 3日 (日曜日)

海を渡ったサムライ 朝河貫一

F0058

新正月らしいので・・・とりあえず。

正月は太陽暦の2月14日です。バレンタインデー、日曜と重なります。

さて、

BS朝日が大晦日に放送した
「海を渡ったサムライ 朝河貫一」をご覧になりましたか。

朝河貫一(あさかわ かんいち)
今から100年以上前に、日本人として初めてイェール大学の正教授となった 世界的歴史学者です。でも学校で習わなかったと思う。

BS朝日に番組紹介サイトを見てください。
日露戦争終結のポーツマス条約の解釈について意見の分かれるところであります。
日本人は多くの戦死者をだしながらの大勝利だと国民は思っており、軍も全国に忠魂碑を建てるよう指導し、ロシアから賠償金を貰うべきであるとマスコミも国民を煽りたてた。これまでの戦争の終結方法と日露戦争のそれは違っていた。近代的な終結方法の条約であった。
若き朝河博士は祖国の反応を憂い「日本の禍機(かき) 」を書き上げ、坪内逍遥先生に頼み実業の国から出版した。それから30年後の太平洋戦争まで予見していた。
NHKの「坂の上の雲」の歴史観との比較は面白いと思います。

|

« PCからCDをいい音で聞く方法 | トップページ | またフィルムが燃えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCからCDをいい音で聞く方法 | トップページ | またフィルムが燃えた »