« マスコミが言えない地デジ化 | トップページ | 地デジチューナーは不便 »

2010年3月 5日 (金曜日)

ハイビジョンと一口には言えない?

電波法に高精細度TV放送(HDTV)とは、縦横比16対9であって、
①走査方法が1本おきであって、ひとつの映像の走査線数が1125本(有効1080本)以上のもの。
  (インターレース、以下i)
②走査方法が順次であって、ひとつの映像の走査線数が750本以上のもの。
  (プログレッシブ、以下p)
と定められている。

これがフル・ハイビジョンとよばれており、2005年以降順次生産されるようになった。
上記以外はSDTVと呼ばれ、ブラウン管の525本(画素数にすると640×480≒30万)から1,366×768≒100万画素、1,280×768、1280×720、1024×768(私のPCモニターXGAと同じ)などがあるのは、工場で大きな板から切りだすさい無駄がないようにしたため縦横比15:9などの偽装ハイビジョンもある。
いまも32インチ以下のTVにはフルHDでないものが多い

インターレースプログレッシブについては前回のブログにかきました。
復習すると、TVは1秒30コマなので、インターレース方式60iは30コマになります。プログレッシブ方式30pも30コマになります。

NHKの龍馬伝など最近30Pのカメラ映像が増え、映画に近い映像がいいですね。
16:9の画像のカメラは広角レンズで撮ることが多い。カメラをやってる方はお分かりと思うが、被写界深度から24mmの広角だとほとんどピントが合っている状態になります。マニュアルカメラでもピントあわせせずスナップ撮影できます。
 そんなレンズで風景も人物もピントがガチガチにあっているのは不自然です。ドラマなら背景がぼけていたほうがいい。カメラなら80mmレンズがポートレート用の定番になっています。
 
  龍馬伝をNHKで見比べてください。どこまで判別できるのか、どこまで高精度でなければならないのか自分の基準を見つけてください。
  ①アナログ
   ブラウン管TV走査線525本は画素数にすると640×480≒30万画素
  ②BS2
   16:9でSDTV(標準画質)720×480≒35万
  ③地上波デジタル
   1440×1080≒155万
  ④BS-hi
   1920×1080≒207万画素

の4種類ある。
もちろんHDTVでないと見比べはできない。
電気店で地デジとBShiを見比べるのもよい。
注意点はスポーツなどのライブ映像がいいでしょう。時代劇の再放送を見比べても意味がない。送出がわの画質レベルが低いのをそのまま流しているのがあったり、ひどいのになると4:3画像を無理やり16:9に横伸ばししているのさえある。利用者側でフル画像にしている方がおられるが、製作者に失礼だし、デブにされたタレントも可愛そうだ。

③と④の違いは多分解りにくいでしょう。
それより動きに対する不快感がないTVを選んでください。

今日の昼のNEWSで政府が放送法と通信事業法を整理すると伝えていました。
電波は利権をもたらすものです。コンテンツが増えた今、整理が必要でしょう。
地デジのために携帯電話料金からのお金が使われているのです。地方局の利権を守るために地デジ化しているような現状に通信事業者からそうとう意見が出ていると思います。
どんな改正になるか注目しましょう。

|

« マスコミが言えない地デジ化 | トップページ | 地デジチューナーは不便 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスコミが言えない地デジ化 | トップページ | 地デジチューナーは不便 »