« 自然栽培はいろいろある | トップページ | 米つくりのヒント*私の経験から »

2010年8月20日 (金曜日)

~自然栽培農家の紹介~

自然栽培の方を2名紹介します。
詳細は前の記事からリンクしてください。

田神 俊一 さん

「虫は人間が食べてはいけないものを淘汰してくれている。」

まったく農薬も使わず、虫にどちらかといえば弱いかぶを植えています。
それなのにヨトウ虫が一匹も入ってきていません。

田神さんは「虫は野菜がおいしいから食べるんじゃないんだ。
人間が食べてはいけないものを虫が淘汰してくれているんだ。」
とおっしゃいます。

それでは、なぜ虫は田神さんの自然栽培の野菜には寄ってこないで、となりのさつま芋畑には大発生するのでしょう?

田神さんはいいます。「人間が施す肥料や農薬が虫を呼んでいるんだ。
もう一つは作物の性質を無視した栽培が虫を呼ぶ。」

事実一般の農家を含めた多くの篤農家が、
虫の異常発生は肥料のやりすぎに原因があることを知っています。

無農薬だから虫がいるのではない
農薬がかかっている綺麗な野菜が、決していいとはいえないのはみなさんよくご存知でしょう。

農薬で綺麗な野菜を見たときには、山のようなヨトウ虫を農薬で殺しまくっている姿をぜひ想像してください。
そういった野菜は、農薬をかけなければ跡形もなく消えてしまうのかもしれません。
また「虫はおいしいから野菜をたべるんだ。無農薬だから虫がいて当たり前」
という風に誤った認識している方もいらっしゃることかと思います。

また、なぜ何度も農薬を撒いても虫は湧いてくるのでしょう。
虫はどんどん農薬に強くなり一般農家はどんどん毒性の強い農薬を選んでいます。

ところが自然栽培の野菜はもちろん無農薬ですが、ほとんど虫はつきません。
虫が出ることがあっても限られています。

「虫はおいしいから野菜を食べるんだ。無農薬だから虫がいて当たり前。」
というのは一概に正しいとはいえないわけです。

肥料と農薬は、土にとって毒だといいます。
有機肥料や漢方薬ですら毒になるというのです。

毒になるというのは、自然では本来ありえない肥料や農薬の投入が、土のバランスを崩すことを意味しています。


与嶋 靖智 さんの自然栽培(無肥料栽培)を紹介した重厚なサイト
http://www.h3.dion.ne.jp/~muhi/

無肥料無農薬栽培って何?
http://www.h3.dion.ne.jp/~muhi/kantan.htm

 無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(畜産堆肥、米ぬか、油粕、魚粕を含むl、自然堆肥)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。基本的に、除草、耕起、十分な管理はしっかり行います。

  はじまりは・・・病虫害に悩んだ有機農法

 もし、私が有機農法で十分な収穫を得て、経営が安定し、品質・味・安全性ともに満足のいくものが生産できていたなら、決して無肥料栽培には踏み込まなかっただろうと思います。

 私は農家として、有機農法を行ってきました。もともと化学肥料農薬を使用する農業には抵抗があったので、無農薬への自分自身の信念だけは通そうというチャレンジ精神は良かったのですが、実際に有機農法に取り組むと様々な障害が生まれてきました。「土づくりさえしっかり行えば病虫害がなくなる」とは、有機農法の格言のようなものです。

 良いといわれることは色々試してきました。しかし、解決できることよりも年々膨らみ続ける問題のほうが大きくなり、ついには極端な減収と、品質の低下を余儀なくされてしまっていました。「私がこれから先、何十年努力しても無農薬は無理かもしれない・・・」こんな思いが年々膨らんできていたとき、私に、起死回生にもなるような指針を与えてくれたのが無肥料栽培でした。

身近な森の自然は人が肥料を入れることはありません。
 実際、森の落ち葉には十分な肥料成分はありません。そして森の土にも十分な肥料はありません。なぜ森は大きな大木を育てる力あるのでしょうか?

|

« 自然栽培はいろいろある | トップページ | 米つくりのヒント*私の経験から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然栽培はいろいろある | トップページ | 米つくりのヒント*私の経験から »