« 原因と結果と縁 | トップページ | 法印とは・・・続き »

2010年8月 6日 (金曜日)

涅槃寂静への憧れ

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。

涅槃寂静は三法印・四法印の一つとして、仏教が他の教えと根本的に違うことを示す。

諸行無常・諸法無我の事実を自覚することが、この涅槃寂静のすがたである。

無常の真実に目覚めないもの、無我の事実をしらないで自己をつかまえているものの刹那を追い求めている生活も、無常や無我を身にしみて知りながら、それを知ることによってかえってよりどころを失って、よりどころとしての常住や自我を追い求めて苦悩している生活も、いずれも煩悩による苦の生活である。

それを克服して、いっさいの差別(しゃべつ)と対立の底に、いっさいが本来平等である事実を自覚することのできる境地、それこそ悟りであるというのが、涅槃寂静印の示すものである。

仏教本来の意味からすると、涅槃とはいっさいのとらわれ、しかも、いわれなきとらわれ(辺見)から解放された絶対自由の境地である。

これは、縁起の法に生かされて生きている私たちが、互いに相依相関の関係にあることの自覚であり、積極的な利他活動として転回されなくてはならない。涅槃寂静は仏教が他の教えと異なるものとして法印といわれるのである。

|

« 原因と結果と縁 | トップページ | 法印とは・・・続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原因と結果と縁 | トップページ | 法印とは・・・続き »