« 自然環境を守る不耕起栽培 | トップページ | 田んぼに水が入れられない »

2010年10月23日 (土曜日)

喪中はがき 補足説明

3回に分けて説明した喪中はがきのクダラナサなどどうでもよい、世間に流されまいと家内は出すといっている。

喪中はがきを本当に出すべき人は正月の50日前に家族に不幸があった人である。
たとえば、11月11日~12月31日に家族がなくなった方が喪中である。

年賀状は本来正月に書くべきものであるが、郵政省のつごうによって12月に郵便局にだせば、正月に配達してやるという、お上のご都合にあわせた法律に従っているだけなので、正月に書いたからといって罪に問われることはない。

なのに、お上にあわせて12月に年賀状を事前に投函したあと、家族に不幸があったりしたらどうするのでしょう??

郵便局に言ったら年賀状が戻って来るのでしょうか? 多分帰らないでしょう。年賀状は元旦に配達されます。
もらった親類、知人は「不幸があるのに年賀状をだすとは非常識な」と思われるでしょう。
そんな場合は、年賀状を出したあとで、不幸があった旨の詫び状を慌てて出さなければなりません。

他にも縁起をかついだりすると困ることがたくさんあります。
世間の常識は不合理と思い定めて無視するのが賢明です。

縁起をかつぐ人で「奇数は吉」と馬鹿のように思い込んでいる場合など困ります。
ご飯など出した場合、奇数で盛り付けします。しかし、ご飯粒が奇数なのか判断できません。
また、奇数個のものを食べる時、1個食べれば、残りは偶数になる、さりとて、2個食べれば奇数残るが、食べるのは偶数となる。
さらに、ご飯粒を奇数になるよう食べることなどできませぬ。

このように、世の中はいい加減、出鱈目なのです。

真実が馬鹿にされるのが世の中なのです。

|

« 自然環境を守る不耕起栽培 | トップページ | 田んぼに水が入れられない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然環境を守る不耕起栽培 | トップページ | 田んぼに水が入れられない »