« 新稲作技術SRIとは | トップページ | 生物多様性など考えていない日本農業 »

2010年10月14日 (木曜日)

稲刈り ぼちぼちと

田んぼの表面にトロトロ層があります。
こいつは堆積するので年々厚くくなって来るのです。
それを甘く見ていた。
私は去年より早く、落水をしたのですが、ゲリラ豪雨と金曜~土曜日の雨でトロトロ層がトロトロになった。こんなときは何もせず、トロトロ層をいじらなければ隙間から水分が減っていくのですが、あまりに多く水溜りができていたので、つい、鍬で水を出そうといじったのが悪かった。いじったところが悪く、工場の建物の影になる部分だった。
いまだに、いじったところはトロトロ状態で、コンバインが入れません。全面刈りなら乾いたところから入り、倒れた部分は、刈りやすい方向から刈ることができる。しかし、我が家の旧型で乾田用(キャタピラの巾が狭い)の中古ではトロトロ層に埋没し身動きがとれなくなるでしょう。こうなると大変で数人ががりで数時間かかる土堀作業となる。
百姓殺すには3日も雨が降ればいい
運を天気まかせで待つしかない。
田んぼに影ができるのがこれほど影響を与えるのか嫌というほど知らされた。

|

« 新稲作技術SRIとは | トップページ | 生物多様性など考えていない日本農業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新稲作技術SRIとは | トップページ | 生物多様性など考えていない日本農業 »