« 稲刈りの準備~コンバインの手入れ | トップページ | 稲刈り ぼちぼちと »

2010年10月 8日 (金曜日)

新稲作技術SRIとは

新稲作技術SRIの信憑性を確認するための土壌物理学的研究
東京大学 大学院農学生命科学研究科 国際情報農学研究室

などを参照されたい。

東大のHPから冒頭部分を紹介する。

イネの大幅な単収増加をもたらす低投入持続的稲作技術であるSRI(System of Rice Intensification)は,1983年にマダカスカルで発明され,1999年以降広く世界で知られるようになった。 SRI稲作の基本原則は,移植の際に乳苗(10日くらい)を広い間隔で1本植えし,間断灌漑を行うことである。


キューバの事例や農文協から本も出ている。
岩澤信夫さんが20年かけて不耕起栽培をほぼ完成させた。
私も真似事をしているが、春になると水がなくなり生物が死んでしまう。
水が少なくてもやれる農業がSRIです。
マダガスカル(韓国が99年借りている)やキューバに広まり、東南アジアの水が少ないところへも普及している。

この農法は稲の分けつ力を最大限引き出しており、日本人が観れば異常だ!と思うでしょう。
なぜ、収穫が多いのか、科学的には説明されていません。それを東大がやろうとしている。米は水稲と陸稲のDNAを持っているので、両方のゲノムを動かしているのかも??

不耕起普及協会と真逆のやり方なので、研究を始めた。

|

« 稲刈りの準備~コンバインの手入れ | トップページ | 稲刈り ぼちぼちと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲刈りの準備~コンバインの手入れ | トップページ | 稲刈り ぼちぼちと »