« TPPと日本農業 | トップページ | お米とお酒とアルコール »

2010年11月24日 (水曜日)

光の道~険しき

ソフトバンクの孫さんが新聞にPRしている件です。

孫さんはインフラとして光の道を考えています。
不退転の覚悟であると言っています。
しかし、委員会は赤字になるからという理由で先延ばししました。
光だけの別会社を立ち上げればいけるとの孫さんの意見は反対されのです。

たぶん、NTTにとって旨みのない話なので拒否したのだと思います。
NTT分割は2社でしたが、なぜ、JRのように細分化しなかったのだろうかと疑惑が湧いてくるのです。
NTTは2社になっても独占状態でした。儲けすぎ状態を避難されても・・・。

携帯電話部門のドコモは、通話料金と電話機代を合算した料金体系を設定し明確な説明はなかった。他社も同じであった。そこへ、ソフトバンクが参入し 0円のCMで国民は料金のからくりを知った。
孫さんはNTTにとっては炙りだされた憎き人物であろう。
「光の道」は国益の問題である。それを、自社可愛さに反対しているとしたら国賊である。
以下、総務省へ送信した意見を載せる。

原口前総務大臣は、放送法と通信法を整理すると発言された。
現状は通信と放送の垣根がなくなっています。個人が放送局になれるのです。
地デジ化の時は自民政権でしたが、なぜこの時電波にこだわったのか。
おそらく、放送局の認可はかつて若き田中角栄郵政大臣が行い、新聞社と放送局の統合を調整した。
電波の放送局は県域単位なのにCATVは市町単位であるのも理解出来ない。
邪推ですが、利権を与えて言論統制しやすいマスコミにした手腕はさすがです。
我が県でもマスコミの社長が自民党の国会議員になっています。

地デジ化のためアンテナを1500本以上建てたが、ビル陰で映らない地域のためBSにキー局を設けた。
BSで地デジを見るビル陰の人たちはニュースやCMは地域にものが見れないのです。
まだ地デジが見れない地域が残っている。

山間部の村ではそれを見越して光を全世帯に設置した頑張り村長もいるそうです。

ケーブル局の地デジ化は複雑かつコストがかかり、高画質に対応できない局は存続の危機もあるでしょう。
光回線はインフラだと認識してください。
国民の安全とインフラはお上の責務なのです。
 以上

|

« TPPと日本農業 | トップページ | お米とお酒とアルコール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TPPと日本農業 | トップページ | お米とお酒とアルコール »