« 麦つくりは断念 | トップページ | 光の道~険しき »

2010年11月24日 (水曜日)

TPPと日本農業

JAが中心になって反対しているが、隣国の韓国は日本の農政を手本に悪しき部分を訂正して農政を行い自由貿易に備えたのです。

減反、補助金などの農政は失敗です。
村8分減反は農民から意欲を削いだ。
補助金はどこかへ流れていった。
転作は作物によっては馴染まない。

韓国は愚かな隣国の失敗を教訓にしてTPPに耐えうる農政を行ってきた。

政権が民主党になって補助金のバラマキをやってしまった。
転作奨励金は前政権からあったが、自給率100%以上のコメについてもバラマイタ。 減反の余裕があればところ構わず米を植えた農家が増えた。自己の利益を優先した農家の方は反省してもらいたい、と言いたいのですが、農家にとってお金は魅力です。

米は倉庫で古くなり、古古米の処分で困っているのにWTO絡みで米を輸入している。それも、インディカ米なのです。
困った農水省が米を食料不足の国へ援助すればよいのにと思うのですが、国際協定に縛られて自由にならないようです。

農民は年寄りばかりになり、米が作れなくなる。
あわせて、石油に頼る慣行農法では先が見えている。
日本の農産物は安全だと嘯く政治家、評論家。

田んぼから米が消えると危惧しているのは私だけでせうか。

|

« 麦つくりは断念 | トップページ | 光の道~険しき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 麦つくりは断念 | トップページ | 光の道~険しき »