« 風力発電は自然を破壊している | トップページ | TVが進化している? »

2010年12月24日 (金曜日)

喪中はがき ののぼりが見えない?

以前3回に亘って「喪中はがき」について考えを書きました。
いま、写真屋さんや印刷屋さんへ行くと「年賀葉書印刷します」の幟はあるのですが、「喪中はがき」の幟が見当たりません。
「喪中はがき」が必要なのは、まさに今なのです。
然るに宣伝してないとはなんたることぞ!!

11月14日以降亡くなられたお宅は慌てて「喪中はがき」を出さなければいけません。

さらに、12月15日を過ぎていますので、暇な方は、あるいは忙しいのに無理して年賀状を郵便局に出してしまった方は「喪中はがき」の文面を考えてお出しください。

 すでに、郵便局は年賀状を地域別に送付していますので、あなたが「不幸があったので年賀状を返してくれ」と叫ぼうと年賀葉書は帰ってきません。

これはひどいと、郵便局を訴えても貴方が負けます。
年賀状を事前に出す行為は法律に準じた郵便局の作業ですから、元旦に配達するよう定められております。
なお言えば、郵便局が年賀葉書を散らばっているのをかき集めて貴方に返したとしたら、法律違反になります。

|

« 風力発電は自然を破壊している | トップページ | TVが進化している? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風力発電は自然を破壊している | トップページ | TVが進化している? »