« 喪中はがき ののぼりが見えない? | トップページ | 褌の勧め~女性必読 »

2010年12月24日 (金曜日)

TVが進化している?

エコポイントが12月から半減し、TVメーカは現行商品を売り切った感があります。
3Dはアメリカでの売れ行きが悪く、半額セールだ。
国内ではメガネのフィルムを画面に貼りつけたTOSHIBAが話題?にもならず、低調だ。
3D はメガネを掛ける煩わしさがある。さらに、横向にになると3Dにならないのだ。常にごろ寝の私には使いものにならない。アメリカでも同様でしょう。

さて、メーカーは時期機種の開発が終わり、来年になると新機種を次々と発売する。
まだ買ってない人は新型を見てから検討してください。
綺麗な新型を買うか、値落ちした現行商品を買うか。
あせらないで選択してください。

プラズマと液晶のイイトコどり、擬似有機LEDのようなTVといったほうが解りやすいか。
パナからX、C、Gの3シリーズを来年1~2月発売すると公表した。
日立WOOはパナから板をもらってすでにデモ機を山田電機で流していた。
綺麗、緻密、ハイコントラスト、動きが早く残像も少ない

私はPCのモニター流用が浮かんだ。
パナのHPにはIPS液晶とフィールドLEDの効果で~~と出ているが、図解がないので分かりにくい。
多分、改良の余地があり、図解できる段階ではないのだろうと推察している。

LED液晶は普通、板の端から照らしているが、新しい板は後ろから照らしたり、消したり、薄くしたりしている。
プラズマ方式のようにLEDが光っている。
全面は液晶で色をつくりだす。

今までの液晶方式は、常に照らされており、黒色の場合は、全面の液晶で光を遮っていた。
新しい方式は、黒色の場合は、LEDが光らないのだ。
問題は、LEDと液晶画素のサイズを比べるとLEDのほうが大きいのでかすかな漏れが起こりうる。
これは、LEDのコントロールを細かく分けてやれば人の目では分からない状態にできる。

動きも2倍速で間に黒色の画面を挿入しているので目が疲れないし、残像も人の目の仕組みからして誤魔化せるようです。 この方式、はナナオのTVで以前から行われている。
かの有名な川崎デザインで実証ずみです。

|

« 喪中はがき ののぼりが見えない? | トップページ | 褌の勧め~女性必読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喪中はがき ののぼりが見えない? | トップページ | 褌の勧め~女性必読 »