« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »

2010年1月 9日 (土曜日)

阿呆のすすめ

どうにもならないこと、思うようにならないことを思い悩むのは不幸を招き入れているようなものです。

生かされている自分に感謝、合掌

花は 咲くために 散る

「明日できることは 今日するな」
「するか しないか 迷ったときは どっちでもよし」

良寛の 辞世の歌と 聞かれれば 南無阿弥陀佛 南無阿弥陀佛

| | コメント (0)

またフィルムが燃えた

昨日午後 NHK BSでイタリア映画「シネマ・パラダイス」(完全版)を観た。
秀作であった。3時間近い映画のためか、51分もカットされアメリカ資本以外の映画館で上映された田舎の映画館映写室に出入りする子供と周囲の人間を描いている。
 50分カットしたら、作品のテンポが乱れ、つまらない映画になってしまうと思うのだが、よくぞカットしたとほとほと感心する。人の悪意がさせたのでせう。
 

  無声映画からトーキーになったあたりから物語は始まる。
前に書いたように当時のフィルムは燃えやすく、映写技師のおじさんは火傷し、失明する。 日本の映倫の役目を牧師さんが担当し、キスシーンはカットし、フィルムを返すときに元に戻すのだが、めんどくさかったり、忘れたりしたキスシーンのフィルムが残っており、物語のおもいでとして重要な役をはたす。
 TVを映画館で写したり、野外上映のシーンがあって、私も夏休みになると校庭で皺のある白い布に映っていた映画を思い出す。
  アントニオーニ監督の映画は面白くないので1日で終わったり、フィルムの借り賃が高いので2館で借り、自転車でフィルムを持ち運ぶが、トラブルがあって失敗するなどのエピソードがあり、映画が好きな少年はやがて監督になる。
  昔の名画が次々出てくるのも楽しみ。
  映写技師が子供に諭すとき「それはだれの台詞なの?」など村で唯一の娯楽であった映画が大好きな少年が質問するシーンに、つい自分を重ねてしまう。
 
  映画、TVは今年が3D元年とか?
2Dを極めないまま人間は次を目指すのか??

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日曜日)

海を渡ったサムライ 朝河貫一

F0058

新正月らしいので・・・とりあえず。

正月は太陽暦の2月14日です。バレンタインデー、日曜と重なります。

さて、

BS朝日が大晦日に放送した
「海を渡ったサムライ 朝河貫一」をご覧になりましたか。

朝河貫一(あさかわ かんいち)
今から100年以上前に、日本人として初めてイェール大学の正教授となった 世界的歴史学者です。でも学校で習わなかったと思う。

BS朝日に番組紹介サイトを見てください。
日露戦争終結のポーツマス条約の解釈について意見の分かれるところであります。
日本人は多くの戦死者をだしながらの大勝利だと国民は思っており、軍も全国に忠魂碑を建てるよう指導し、ロシアから賠償金を貰うべきであるとマスコミも国民を煽りたてた。これまでの戦争の終結方法と日露戦争のそれは違っていた。近代的な終結方法の条約であった。
若き朝河博士は祖国の反応を憂い「日本の禍機(かき) 」を書き上げ、坪内逍遥先生に頼み実業の国から出版した。それから30年後の太平洋戦争まで予見していた。
NHKの「坂の上の雲」の歴史観との比較は面白いと思います。

| | コメント (0)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月10日 - 2010年1月16日 »