« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »

2010年3月 9日 (火曜日)

地デジ対応TVの選びかた

「地デジ化」といふ言葉は、今の地上波アナログ放送をデジタル化するように解釈してすまうが、BSや有線TVなど含めてデジタル化するのではなく、新しく「地デジ」を作っている、別のものを作っているが、当初NHKの技術者が描いていたデジタル放送とは別の方向で、放送法に守られて利権だけ確保し、莫大なお金を使い、劣化した画質、低い番組内容を垂れ流す方向に向かっている。
 お上の言いなりになってTVを買い替えるのは恥ずかしい行為だと僕は思っている。
 
  以上を踏まえて
(1) 2011年7月まで買わないという選択
 外国でも延びたのだから・・・と期待して。
 
(2) いまのTVが今にも壊れそうで、老齢あるいは病気で1日中TVを見ている、などという方はTVを買ったほうが精神上よい。
 では、買うときの注意点を以下に
①BS対応のものを買ってください。
   BSは韓国ドラマとショッピング番組に乗っ取られていますが、BSを有効利用されるかもしれないのでBSチューナー内臓をすすめる。

 ②TVに録画機能がついているもの。
   録画して纏めてみたほうが時間を有効活用できる。
録画など興味が無く垂れ流しの方は不要です。
録画はブルーレイでなく、外付けHDDの1テラが1万円台であるのでエコポイントで2台買える。円盤は必要なくなる。
ブルーレイは媒体が高価だし、今後どうなるか解らないので無視しよう。
録画するかたは、チューナーが複数のほうが絶対よい。

 ③解像度にコダワル方または、42インチ以上の大画面が欲しい方はフル・ハイビジョン画質を勧めます。
   フル画質は、37インチ以上でないと商品が少ないです。
大画面で標準画質など見るに耐えません。
液晶かプラズマかは好みですが、動きが自然でないと疲れます。
電気店は照明が明るいので、TVの画質をダイナミックにしています。見比べるとプラズマが暗く、不利ですが、家庭では十分すぎるほど明るいです。ぼくはプラズマが好きです。パイオニアのクロがよかったのですがフルでないのに高いのでマニアにしか売れなかった。生産していません。
 
 ④アクトビラなどの機能が必要か?
   PC絡みもあるので好みで決めて。

 ⑤音質にこだわらない事
    薄型になるのでTVのスピーカは楕円の小さなものしか入っていません。
  場所も下向きが多くオーディオマニアの僕は愕然とします。
  そんな方は5.1チャンネルアンプとSP買えってか??
  オーディオと5.1は別物です。AVアンプは僕は買うお金がありませんし、TVの音質は圧縮モードなので高音質は期待しないように。
  BOSE社からTVをいい音で聞くセットが比較的安価で売っていたのですがBOSEもTVの擬似5.1AVセットを作ったので廃止したのでしょう。
 
 ⑥見やすく音のいいTVが欲しい方へ
   デザインは世界の川崎氏。
   製作は産業・医療モニターでおなじみのナナオ
  Forishd_p EIZOのFORISがお奨めです。
 

フルハイビジョン仕様なら24、27インチが値下げ後89,250円、99,750円です。
これはマニア向けかな。

Foristv_p

家庭用には裏面まで綺麗なこちらをお奨め。
スタンドタイプは画質(1366×768)が落ちますが疲れません。僕は実物を見ました。電気店においたら地味なTVとして売れないでしょう。でも、家で毎日気軽にみるには最的TVだと思います。
32、26,20インチのみです。大画面がありません。
DVD/CDプレーヤーが内臓しています。
  スピーカー仕様 フルレンジバスレフ 120mm×2 擬似サラウンドあり
  32インチで22万円だったのがエコポイント対象外なので147,000円に値下げしています。
  電気店には置いてません。HPからダイレクトで購入してください。

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月曜日)

地デジチューナーは不便

アメリカは2009年6月にTVデジタル化が終わったとしている。ケーブルTVが70%を占めるアメリカはデジタル化であって、地デジ化ではない。それでも、最初のアナログ締め切りの2006年に間に合わず、2009年2月に延期するも駄目で、6月に延期した。その時点でチューナーの補助券40ドルを配った。20ドル足せば60ドルでチューナーが買える。
 アメリカはデジタル化であって、地デジ化ではないのが大きな違いなのだ。もちろんB-CASカードなどという非効率なものはないので、TVにチューナーをつけるだけで画質は劣るがTVは見れるこことなる。
 
  韓国は2010年末の予定を2012年末に延期した。
 
  日本は空中電波、放送衛星電波(BS)(110度CS)、通信衛星電波(CS)、ケーブルTVとさまざまな方式がある。
  普通はチューナーを買っても、UHF用のアンテナ同軸ケーブル(上質なものでないと劣化する。DIYの店で探したが5C-FBはなかった。)や分波器、集合器なども金属製で高周波数向きのものが必要。

蛇足:TVのアンテナ端子に差し込む同軸ケーブルの処理は電気店でもプラスッチックの物が普通だが、プラスッチックをのけると芯線が数ミリ露出した状態になっている。そこから他の電波などが入り劣化するので、金属性に変えたほうがよい。
 
話をチューナーにもどそう。
 今の総理の弟が5000円でチューナーをつくれと命令したが、アメリカの60ドルを円換算して口走ったのかもしれない。日本は邪魔もののBCASカードがついているのでメーカーは無理だと回答した。当時のチューナーは2万円はしていた。
しかし、NE◎が部品を半分にした集積回路を作ったのでイオンで5000円のチューナーを売り始めた。TV接続コードはRNCピンコードです。
しかし、電気店にはチューナーはダミーの商品しか置いていないのは何故でしょうか。TVを売りたいからだけではなく・・・チューナーを買った客から苦情がくるから置いてないのでしょう。
 5000円のチューナーは地デジのみ対応でBSは入っていません、チャンネル切り替えはチューナーのリモコンですることとなる。

 我が家のTVはブラウン管のBSチューナー内臓のハイビジョンTVです。
ブラウン管の最終に近く03年SONY製の店頭展示品です。すでに液晶TVが売られて居りましたが高額で買えませんでした。なんで中途半端なものを買ったのかといわれそうですが、まえのTVは修理しながら使っていましたがブラウン管の寿命がきて映らなくなったので電気店へ行って3:4のBSチューナー付きトリニトロンの心算だったのですが、子供が8万も高い16:9のハイビジョンを希望し差額の一部は出すとまでいったので電気店で一番綺麗に映って見えたブラウン管TVを買ったのです。
 前のTVもBSつきでした。今年はBS20年ですが、私はMLBの放送がNHK BSで時たま放送されるのを見たかったためにBSが必要だったのです。
  子供は学校を卒業するまでTVゲームをさせていませんでした。大人になってから、自前でPS3を買って遊んでいます。PS3はハイビジョン画質なのです。 
   
  PC用のチューナーがありますが、買ってきたけど映らない場合が多いです。
それはHDCPという暗号化処理がされていてPCが対応していないと映りません。
新型PCはほとんどチューナー内臓です。PCでTV見ない私などには、チューナー付きで5万円近く高くなるのは嫌です。
HDCPを決めたのはDpaの背後に存在するARIB(社団法人 電波産業会)です。
 PCで簡単TVを見られないように、そして安易にコピーされないように暗号化しているのです。チューナーだけなら安いのにチューナー内臓PCが割高なのは、放送と通信回線の違い、すなわち電波の利権が云々~~いう、そういう世界があったのです。
 楽天はTBSのTOBで600億の損をだしました。通信が放送の既得権益に負けた例でした。
 私はPCとカメラがあればアルカイダのように個人放送局・個人発信できると思っておりました。あさはかでした。放送法の認可がいるのです。追加は認めてくれません。だから楽天は既存の放送局にTOBを仕掛けたのでしょう。

放送と通信の垣根がわからなくなっている状況で、放送と通信の法律を見直そうと先日 総務省から発表がありましたが、なぜか新聞に載っていません。

 最近の高級PCモニターには、DVーI端子があり、デジタル対応している。D-Sub端子はアナログ用なのに、Dだからデジタルと思いそうですが、形状がDに似ているからD端子なのです。これはTVのD1~D5端子もおなじで、アナログ用です。
ハイビジョン画質を保てるのはHDMI端子です。この端子が高いのは、ライセンス料が含まれているためです。
 さらに、HDMI端子が付いていてもPC経由でハイビジョン画質が保障されない場合があります。 暗号化のHDCPに対応していなければハイビジョン画質は保障されません。HDCPは近年制定されたので、少し古いPCやTVでは多分駄目でしょう。

PCに安価な外部チューナーで簡単にハイビジョン画質を見られないような仕組みにしているのです。メーカー組み込みのPCが無難でしょう。

Dpaが地デジの普及率をHPで好評しております。そのなかには、地デジ内臓PCが含まれています。
そのPC購入者は全員PCでTVを見るとは思えないのですが。

| | コメント (0)

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月14日 - 2010年3月20日 »