« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »

2010年3月21日 (日曜日)

間違った日本のインフラ

明治維新後、急速なインフラ整備を行ったため、将来の展望を甘く見たため世界標準から外れてしまった日本のインフラを考えた。

①電気
 50ヘルツと60ヘルツにわけてしまった。  さらに、100Vは世界一低い。
  住宅用公称電圧 単相2線100V、単相3線200V であり200VはIHとかエアコン用に限られている。海外は200Vが普通です。詳細はhttp://www.yamabishi.co.jp/worldvoltage/denatsu.htmを見られたい。
   電気製品は国内向けと海外用に分けて作らなければなりません。ロスです。IHの炊飯器などは100Vで美味しいご飯を炊くために工夫を凝らし、製品は高額になります。大工道具なども200Vであれば仕事もはかどります。エアーコンプレッサーなどは100Vで高圧作動させるためインバーターを内蔵しています。
外国製品は200V仕様になっているのでインバーターなどは不要なので安価で買えます。溶接関係などは切実でしょう。

②鉄道の狭軌
 世界のほとんどが広軌です。
  日本のレール幅は軽自動車のトレッドより狭いのです。明治5年)、日本で最初の鉄道開業に際してイギリスから輸入された蒸気機関車5形式10両中の1形式で、1両のみが輸入された。1号機関車と呼ばれている。軌間 : 1,067mm 。
狭軌と広軌などの詳細はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8C%E9%96%93を見ろ。
JRの在来線は狭軌である。多分、広軌だったら悲惨なカーブでの脱線事故で150名も死ななかっただろう。
地下鉄は広軌でニュウ・ヨークの地下鉄は日本製である。

③人は右、車は左側通行
 イギリスとその植民地と日本ぐらいである。
  自動車産業にとって不利だ。
  沖縄で最近、アメリカ兵の交通事故が発生している。これはアメリカと日本が逆であるため、事故が起きやすい。
  かつて、沖縄は車は右側通行でした。日本へ返還後、左側に変更した。当然、アメリカ兵は運転しにくい。したがって事故が起こる。
 
島国だからか、理由は知らぬが、世界標準と違っているのをいつまでもホッタラカシにしていたお上の責任は甚大である。
産業界でどれほどコスト負担になるのか計り知れない。
日本に来た外国人は慣れるに大変だろうと察する。

間違いだらけの日本基準を未来永劫残すのだろうか?

| | コメント (0)

黄砂は越境汚染

昨夜から今年一番の黄砂に襲われた。
視界は2キロほどで飛行機はSTOP。
瀬戸大橋も強風のためJRが一時STOP。
高速道路は50キロ規制だが皆さん100キロで走っている。命知らずも程がある。僕は軽トラック空車のため4WDでも80キロを超えるとあらぬ方向へ移動する。高速でぶっ飛ばしてるスポーツカーに乗ってる皆さん「あなたの車のように他の車は走れないのです。気をつけないといつトラックが横風で倒れてくるかも知れませんよ。」

黄砂はTVニュースで放送していますが、「危険ですからマスクをしましょう」「うがいをしましょう」「外出を控えましょう」などと警告を発信している放送局はなかった。せめて、NHKぐらいは言わないと・・・。

黄砂現象に見舞われた北京市内(20日午前)。内陸部の内モンゴル自治区などで19日に発生した砂嵐の影響で、北京市内でも未明から砂ぼこりを含んだ強風が吹き荒れた 【時事通信社】

Kousa

黄砂については、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で勉強してね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E7%A0%82

中国や韓国の工業化によって、黄砂がタカマラカン砂漠から日本に届くあいだに、化学物質や鉛などの重金属が加わっている
特に中国は垂れ流し状態である。韓国が何度も抗議し、技術を売ってやろうかなぞとビジネスするなんぞは逞しいものです。

しかるに日本は、敗戦国の負い目があるのか文句も言わず、国民が喘息、アレルギー、肺の病、アトピー、など、かつての四日市喘息と同じようになろうとしているのに政府は前政権も今の政権も何も言わない。

原発の受注を日本がもらいそうだったのでその会社の株価があがったが、韓国の大統領がその国にセールスに行ったら、韓国が受注した。基本部分は日本企業に下請けさせ韓国がピンはねすることとなった。
韓国の逞しさは祖国を永年略奪されたことのない倭人にはない。
長崎県に女島(めしま)という島があり、そこの桑の木に癌に有効な「メシマコブ」という茸がありました。ところが、韓国が無断で全部採取してしまい、韓国の国家プロジェクトとして栽培しており、日本は韓国から買う羽目になった。それでも何も言わない日本政府。

朝鮮人の悲しい運命は、書籍や映画などでバッチギ知っていると思う。
法隆寺を建てたのは百済の人たちです。錦の織物を紡いだのも朝鮮の人たちです。
  ところが豊臣秀吉が朝鮮を攻め、大名たちは朝鮮の陶工を捕虜として連れ帰り、鹿児島や伊万里などで磁気の焼き物が起こった。
  日清戦争後、朝鮮を日本が清に変わり統治することとなり、秀でた技術者たちは日本へ強制的に送られた。
  こうした人達は祖国朝鮮に帰ることも出来ず、日本でもまともな待遇は受けられず、行くところがない状態です。
これらの問題についても政府は見てみぬ振りをとおしている。

NHKで司馬氏の「坂の上の雲」が始まった。
3年がかりの放送である。
出演している石坂浩二さんが昼の番組で「あんなにお金をかけていいんですか?」と漏らしてしまった。CGに莫大なコストがかかるそうです。
この時期になぜ日露戦争をとりあげるのか?
NHKの真意を知りたいものです。
たしかに、司馬さんがこの小説を発表した時期には意味があったが、なぜ今、放送するのだろうか?

すでに日清戦争は終わって、軍部は朝鮮統治に力をいれているところで放送は一時休止している。

僕は、日清戦争の終結方法が描かれていなかったのが不満だ。
戦勝国は土地、お金などをもらうのがそれまでの終戦処理だった。
それに異論を唱え「脱亜論」を著した福沢諭吉が全く描かれていないのだ。不幸にも福沢は途中で死んでしまったため、「脱亜論」を引き継ぐ人物がいなかった。
「脱亜論」的終戦処理が出来ていれば、軍部暴走にはならなかっただろう。

「脱亜論」は このサイト
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E4%BA%9C%E8%AB%96

| | コメント (0)

« 2010年3月14日 - 2010年3月20日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »