« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »

2010年5月27日 (木曜日)

他力の念仏ができない愚かな私

他力の念仏とは

 阿弥陀さまに よばれて 無意識に「南無阿弥陀佛」とする返事が「他力」の念仏という。
仏様によびかけられてする返事だから、仏さまよりいただいた念仏なのです。

  無意識とはどのような状態をいうのか?植物人間は無意識か?無我の状態であっても意識の種がある?

自力の念仏とは

 阿弥陀さまお助けください、と、こちらからよびかける念仏を自力の念仏という。

阿弥陀さまは、よびかければ何度でも、はい、と返事してくださる。
一度のよびかけできっぱりと信心がさだまる幸せ者は、一度の念仏でよい。

迷い多く、煩悩ふかき悪人のわれらは、よばれた声をすぐ忘れたり、とかく逆らったりする。 そんな情けない愚か者には、二度、三度とよびかけられるのが仏の慈悲だ。

だから一度、念仏しただけでも往生はできる。
まして、よばれるたびに何度もはいと愚直に答える者が、どうして救われないことがあろうか。
一念なお往生す、いわんや他念においてをや

Photo

| | コメント (0)

« 2010年5月2日 - 2010年5月8日 | トップページ | 2010年6月6日 - 2010年6月12日 »