« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »

2010年8月 6日 (金曜日)

法印とは・・・続き

三法印(さんぼういん)は、仏教の教えを特徴づける三つの考え。 仏教自身と他の教えとの区別を明らかにすると同時に、自身の教えの特徴を示す。

三つの考えは以下のとおり。

諸行無常印(無常印)
諸法無我印(無我印)
涅槃寂静印(涅槃印)

四法印(しほういん)とは、仏教の教えを特徴づける三つの考えである三法印に「一切皆苦印」を加えたものである

仏教は現実を「苦」という。それは現実を生きることは本質的に人間にとって苦であることをいう。 「四苦」の一つである「生」である。

本来は平等一相一味である世界、何らの固定性をもたない変化そのものの存在に対して、変化するもの自身をつかんでいなくては生きられない。

よりどころとはならないものを、あてにして、我他彼此の妄念差別(しゃべつ)の心を生じ、すべてを対立的にみる。これこそ「苦」である。

だからこの現実が苦であることを「一切皆苦印」として別立するのである。

・・・つづく・・・

| | コメント (0)

涅槃寂静への憧れ

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)は、煩悩の炎の吹き消された悟りの世界(涅槃)は、静やかな安らぎの境地(寂静)であるということを指す。

涅槃寂静は三法印・四法印の一つとして、仏教が他の教えと根本的に違うことを示す。

諸行無常・諸法無我の事実を自覚することが、この涅槃寂静のすがたである。

無常の真実に目覚めないもの、無我の事実をしらないで自己をつかまえているものの刹那を追い求めている生活も、無常や無我を身にしみて知りながら、それを知ることによってかえってよりどころを失って、よりどころとしての常住や自我を追い求めて苦悩している生活も、いずれも煩悩による苦の生活である。

それを克服して、いっさいの差別(しゃべつ)と対立の底に、いっさいが本来平等である事実を自覚することのできる境地、それこそ悟りであるというのが、涅槃寂静印の示すものである。

仏教本来の意味からすると、涅槃とはいっさいのとらわれ、しかも、いわれなきとらわれ(辺見)から解放された絶対自由の境地である。

これは、縁起の法に生かされて生きている私たちが、互いに相依相関の関係にあることの自覚であり、積極的な利他活動として転回されなくてはならない。涅槃寂静は仏教が他の教えと異なるものとして法印といわれるのである。

| | コメント (0)

原因と結果と縁

学問やビジネスで原因結果の因果関係があり、これらを分析することが重要であると教えている。P⇒D⇒S⇒ と研修などで教えている。

佛教はそれに「縁」を加えている。「因縁」などといいます。

06hasu19

縁を考えないと星座占いみたいに、同じ星座の人は全員同じことが起こるのか?といった具合になってしまうのです。

縁は偶然ではなく必然と捉えなけれがなりません。

| | コメント (0)

10年春パソコンのCPUはインテル「Core i7 i5 i3」一色

日経新聞WEB版 1月21日 (古いですが)
http://www.nikkei.com/tech/personal/article/g=96958A88889DE2E1E7E5E2E3EAE2E2E0E2E1E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;p=9694E3EAE3E0E0E2E2EBE0E4E2E4
WEBから消えている場合は、以下の抜粋を・・・参考に

「Core 2」シリーズの後継CPUがi7、i5、i3となる。
春モデルのパソコンは、インテルが1月8日に発表した新型CPU「Core i5 i3」が一斉に採用された点にある。

06年7月に登場したCore 2シリーズは、長期間にわたって多くのパソコンに搭載され続けてきたが、これらを完全に置き換えるべくインテルが投入したのが今回の「Core i」シリーズだ。

Core i7   2.53~3.3GHz  4コア
         1.06~2.66GHz 4コア/2コア
Core i5   2.4~3.46GHz  4コア/2コア
         1.06~2.53GHz 2コア
Core i3   2.93~3.06GHz 2コア  Turbo Boostなし
         2.13~2.26GHz 2コア  Turbo Boostなし

09年9月に発売されたCore i7とCore i5は、4コア、しかし、大々的に採用するメーカーは少なかった。 マニア向けPC専門店で組み込んでもらうしかなかった。 マザーボードが高く、25万円程度したので私は買えなかった。

 しかし、今回登場したCore i5とCore i3は、メーカーパソコンのほとんどの機種に採用されている。
  これには「グラフィックス機能の内蔵」が大きな役割を果たしている。
  なお、今回のCore i5は09年9月に発表されたものとは違い、2コアタイプ。Core i3とPentium Gシリーズも2コアだ。

 Core iシリーズは、主メモリーとデータをやりとりする回路をCPU側に取り込んでいる。Core 2シリーズは、グラフィックス機能とともにチップセット側に載せていたが、その2つをCPU側に取り込むことで演算回路とのデータのやりとりが飛躍的に速くなった

「Turbo Boost」と呼ぶ駆動周波数の自動アップ機能は、節電、熱対策になる。

 またコアの数とは別に、1つのコアで2つの命令を同時に処理できるようにしたのが「Hyper-Threading(ハイパースレッディング)」という機能。これは、02年11月の「Pentium4」で初めて実装されたが(当時、効果について疑問視されたこともあって?)、Core 2シリーズには引き継がれず、今回のCore iシリーズで復活した。「パソコンが重くなる」現象を減らすのに役立つ。

 回路線幅の微細化は、消費電力の下げと、CPUの発熱減少に繋がる。
Core 2シリーズは45ナノ(ナノは10億分の1)メートル、Core iシリーズは32ナノメートル。

パソコンは09年秋冬モデルでOSが最新版のWindows 7に替わり、10年春モデルではハードも進化した。
秋にはOffice10が登場予定だ。

2世代前の「Windows XP」を10年も使い続けている私にとっては、買い換えを考えてもいいラストタイミングなのだ。

型落ちモデルの購入も考えているが、「価格的によほど大きなメリットがなければお勧めできない。」と、専門家が云っている。
量販店の店員は、「iMACで3万円安いコア2デュオとi3なら処理時間は変らないので在庫品がお得ですよ。」と云った。

デザインを大きく変えないMACはユーザーにとってはありがたいです。それって、日本のかつての得意ではなかったのか? 車のマイナーチェンジなどでは、無理やりフロント周りをいじくるので、不細工にしたのかと思ってしまう。完成されたデザインならいじくる必要など無い。

私も放熱対策からiシリーズにしたいな~と・・・熱中症になりそうな部屋でこれを書いている。

| | コメント (0)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月8日 - 2010年8月14日 »