« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010年9月24日 (金曜日)

コンバインの使い方

話が逸れてしまいました。 ゴメン~

狭い田んぼばかりの当地域でコンバイン作業の前に4隅の稲を女房にスマ狩りさせてる檀那さまがほとんどです。
● スマ刈りはするな。
 Images_2

 賃刈りの人たちの刈りかたをみているでしょう。 あれを真似すればいいんです。Images_1
賃刈りの人たちは「スマ刈りはせんといてくれ」 というでしょう。
 何故? スマをコンバインで刈ったほうが早いからです。

Images_4もしくは、コンバインの大きさが全然違うから2条刈りでは無理とけめつけていませんか?
たしかに、6条前面狩りコンバインだと走るようなスピードで刈ります。
わたしが周囲を1周する間に6条刈りコンバインは終わっています。

お母ちゃんに辛い思いさせるな!!
 
機械を使い倒せ・・・といっても壊せとは言ってません。

 プロは畦際に来ると刈り上げています。
Images_3
そして、かなりバックして刈り上げを2回ほどすると、横へターンして刈り進み、畦際へくると刈り上げ2回、これを4隅でやればいいのです。

● 土は刃にかますな。
  タカガリをすれば土で切り歯を痛めることも無く、土が脱穀部へ入るとヤバイことになってしまう。コンバインの故障や籾への土の混入が発生する。
このときは、エンジンを止め脱穀部を開いて選別部の土を取り除はないと収穫量が減る。

● 稲刈りは原則11時からSTART。
 
● 1日が終わったら、コンバインの手入れをする。
  噛みこんだ藁や草をのける。
 足回りが泥だらけのときは水洗いする。
 注油する。
 


| | コメント (0)

稲刈り

コシヒカリは暑い中の稲刈りお疲れでした。
オオセトは稲刈りの最中でしょうか。
ヒノヒカは準備中の時期です。

品種はコシヒカリの人気が高いようですが、真夏の稲刈りはたまりません。
コシヒカリの人気は少し粘りがあるところらしいですが、お鮨はササニシキです。
日本一美味しい?(主観なんですが)おコメは健康と空腹さえあれば斑点米で十分です。

市販されているコメは精白米で、玄米はスーパにはないですね。
5分づき、7分づきのおコメを食べるようお勧めします。

黄色い胚芽に1粒から2千粒に増えるもとがあるのです。これをヌカとして捨てるのはもったいない。
逆に、発芽玄米という生命力が最高の状態にして食べるのはいいことですが、発芽状態にするのは難しく、独断で、マニア向けとしときましょう。

胚芽の残ったおコメは噛むほどに美味しいです。粘りがあるのが好きな方は、もち米を少し混ぜて焚きましょう。
斑点米が安く買える方は炊き込みご飯にすれば斑点が目立ちません。

60回ぐらい噛むと美味しいです。せめて、30回は噛んで、唾液とよく混ぜて食べるようにしてください。
100回噛んだときは、途中で味がなくなります、もうすこしたつと別の味がしてきます。多分、唾液の酵素と反応したお味なんでしょうね。
家康は禅寺で玄米を100回噛みながら、ただ食べることに集中していたようです。修行です。

人間は余分なことを考える。欲を考える。

コンバインは稲を刈り脱穀する機械です。2条刈りから6条刈り以上まであり、250万円~2千万円します。
人手もなく、刈る時期が決まっているので耕作規模にあわせて買うのですが「高い」です。

重量があるのでコンバインが自由に動けるように、田んぼは十分に乾かします。

手で刈っていたころは、ぬかるんだ田んぼで水分も十分ありましたが、無理やり乾燥させるというか、枯れさせているといったほうが当てはまる農家が多いです。中には無知から、乾燥して黄色くなっている稲を熟れていると思っている農家もあります。

コンバインで脱穀された籾は強制乾燥作業へ渡します。
Images_5昔は藁束をハゼ木にかけ、自然乾燥しておりました。切られた稲は子孫を残すため、葉や茎の養分を籾に送りこんでいたため(稲の意志)1反で30キロ収穫が増えると考えられています。

コンバインが壊れたら自分の家の食べ量だけ手作業で作ろうかと考えています。5畝もあれば十分でしょう。

小規模農家の多い地域では1反の宅地の半分は田んぼにし、1/3は畑にし、残った2/3に家を建てればいいのではないでせうか。


| | コメント (0)

2010年9月23日 (木曜日)

「わたし」などはいない、錯覚である

自我は錯覚です。

フランスの哲学者・デカルト
「我思う、ゆえに我あり」
と考えた。
真実を追究するために、彼は「方法的懐疑」を用いました。
まずは全てを虚偽のものとして疑って、それでもその疑いを否定できない限り真実ではない。
疑って疑って・・・最終的に否定できなかったのは「疑っている自分が存在する」証明である。

この考え自体が間違えです。

仏教には唯識論があり、そこからアラヤシキに落ち、さらにその種にまで自我を削り落としてゆきます。行き着くところは「無我」です。

「諸行無常」はご存知ですね。
それに続くのは「諸法無我」です。
我は無いということです。

認識するとき、私というフィルターを通すので誤った認識をします。
欲望・怒り・無知の3毒でもって認識してしまいます。
別のクダケタ言葉なら、好き・嫌い・無関心と言い換えてもいいでしょう。

苦悩から逃れるためには、
わたし などはないと気付くこと それが始まりです

| | コメント (0)

昨日の問題の答え

昨日の問題の答えは分かりましたか。

① 有機野菜は、身体や環境に優しく、安全だ。
② 虫に食べられている野菜は、安全の証拠だ。
③ 有機野菜は、生で食べても安全だ。
④ 減農薬の野菜は安全な野菜と思う。
⑤ 有機・無添加と書かれた味噌・醤油は安全だ。
⑥ 稲穂の出かたは肥料を与えても与えなくても同じだ。
⑦ 除草剤を使わなければ草が生えるのはしかたない。
⑧ 稗(ヒエ)の種は1年後に発芽する。
⑨ 収穫後の秋に田んぼを耕起すべきだ。

お詫び:「緑色の濃い野菜は良い野菜だ」の問題が抜けておりました。

加えて、説明が少し足りませんでした。
問い①からは野菜、⑥以降は水稲栽培 に関する問題でした。


回答はこちら⇒ 全部「×」です

過去のブログを読まれている方は分かったと思います。

まず、有機の定義すら明確でないのです。
当然、農水省は定義しておりますが、現実に定義されたとおりでは農業は出来ません。

水が一番の問題で、汚染された水で栽培したら有機無農薬とはいえないと思います。
現実に水はダムや沼や池から流れてきますが、田んぼに辿り付いた時には汚染されています。
自分で濾過装置を作り、浄化した水を使うことなど不可能です。とくに、水が不足している農地では周囲がそんな勝手を許してくれることなど考えられません。

たとえ、アメリカのように水田の排水を濾過し、ポンプ・アップして利用している農家であっても、濾過方法が問題です。
コストや植物にとって優しい濾過は暖速濾過でなければなりません。

ちなみに、水道のオゾンによる濾過はスーパー超速濾過とでも呼びましょうか。オゾン(O3)で殺菌し、活性炭で濾過すればいいのです。水道利用するためには雑菌発生防止のため塩素をいれます。 塩素は消毒剤としての機能がありますが、トリハトメタンの発生源となり、それは発ガン物質となることはご存知のとおりです。

暖速濾過とはバクテリアの力を借りて、時間をかけて濾過するほうほうです。

山村などでは、生活廃水を溝をとおして肥溜めのようなところへ入れ、そこから分散して別の穴にいれることを繰り返し、土のなかのバクテリアによって濾過し、川へと流れていました。先人の智慧です。
この方法は研究され、よりすぐれたものになっていいます。しかし、浄化槽のように工事がだれでもできるものでなく、管理も浄化槽と異なるため、法律が立ちはだかっています。
これは昔から水道水の濾過方法として多くの施設がありました。詳細については各自調べてください。

しかし、生活廃水は塩ビパイプの出現によって、直接川に流されるようになりました。渓流釣りに行ったとき気がつき驚きました。

 そして、田んぼからは糞尿、化学肥料、除草剤が混入している水が排水(農薬、除草剤投入ごの排水は法律で禁止されています。)あるいは「漏れて」河川に流れ込んでいます。

農家の合併槽の普及率は低く、お金がかかるので単独槽を壊れるまで使っています。
土地改良区は毎年合併槽の普及を唄っておりますが、予算はありません。個人に自主的にお願いするということです。

結果、池、沼はガスが湧き、汚染は年々進んでいます。水は最後に海に流れ込み海の生態系を荒らし、魚がさっぱり釣れなくなりました。

私は子供の頃、池で毎日泳いでおりました。父は、家の横の用水で毎日泳いでいたそうですが、私が子供の頃には泳げる状態ではありませんでした。

田んぼに冬季潅水してやれば、田んぼが浄化槽の役割を果たし、池、沼、海の水が綺麗になり、ミネラルを含んだ水ともなるのです。

以上で、問題の回答解説とします。

蛇足:水を浄化して池を綺麗な水にしようとすれば、お上が法律を盾に立ちはだかり、縦割り行政ですから、農家の説得にたどり着くまでにこちらがダウンしてしまうでしょう。
干拓地の水門を空ける、空けないで何十年ももめているのですから容易に想像できますよね。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水曜日)

問題

自然栽培の作物を販売している方のHPに問題があったので載せます。

  下の文章のうち、正しいと思われるものに「○」、
間違いと思われるものに「×」をしてください。

① 有機野菜は、身体や環境に優しく、安全だ。
② 虫に食べられている野菜は、安全の証拠だ。
③ 有機野菜は、生で食べても安全だ。
④ 減農薬の野菜は安全な野菜と思う。
⑤ 有機・無添加と書かれた味噌・醤油は安全だ。
⑥ 稲穂の出かたは肥料を与えても与えなくても同じだ。
⑦ 除草剤を使わなければ草が生えるのはしかたない。
⑧ 稗(ヒエ)の種は1年後に発芽する。
⑨ 収穫後の秋に田んぼを耕起すべきだ。

答えはどうでしたか?

回答は後日このブログで・・・・sun

Images
犬と散歩中にうちの田んぼの畦に彼岸花のつぼみが出ていました。
暑さのせいか少し遅いです。
彼岸花は毒があるので食べてはいけません。

護岸工事で彼岸花が無くなると聞き、芋根ごともらって来て畦に植えました。
毒があるので、モグラが寄りつかないそうです。
昔の智慧です。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火曜日)

「悪人」を観た

映画館から出てくる客が全員 悪人 に観えた。

| | コメント (0)

殺虫剤は変化している

殺虫剤などの農薬についての知識はありません
農家の方も詳しく知っているのでしょうか?
農水省、普及員、JA営農指導員から教わった知識を超えた知識を持っているのでしょうか。疑問です。

肥料、農薬設計を国が定め、農家はそれに従って増産の御旗に身体をボロボロにしてきたのです。

今の、高齢者は発育途中は農薬のかかっていない、蓄積していない物を食べ、空気を吸い今日に至っているのです。若いときの基礎体力で長寿なのだろうと思います。
私たちは、農薬で遺伝子を傷つけ子供に渡しています。
子供はストレスや電磁波などで遺伝子にキズをつけ孫に渡しています。
アレルギー、アトピー、難病の子供が増えているようです。
悪い環境で命のリレーをしているのが元凶です。

さて、農薬の歴史をみてみましょう。

・1930年代になると有機塩素系殺虫剤(DDTなど)や有機リン剤が開発され、第二次世界大戦後本格的に使われるようになった。
DDTは飲んでも、食べても大丈夫といわれた夢のような農薬です。

だから、子供の頃、小学校で頭からDDTの粉をかけられたのです。
家では畳の下にDDTを撒き、蚤、虱、シロアリ退治をしていました。
進駐軍GHQからの指導であった。

BHCという薬もあった。初期のバルサンの主成分として用いられるなど、ゴキブリやダニにもよく利く住居用の燻蒸剤としても使用されたが、現在は使用が禁じられている。

ホリドールは田植え後共同撒布していました、私はホースを持って田んぼの中を歩く担当だった。ランニングにパンツ姿で全身にホリドールの霧を浴びた。マスクなど誰もしていなかった。腐った卵やニンニクの臭いがする独特の臭いも嫌いだった。こんなことしているといつか死ぬと思った。これでは、農業が好きになる訳が無い。
父はホリドール撒布後、農薬中毒の発作を起こしたことがある。

自殺するならホリドールが一番であった。
日本ではかつて広範に使用されたが、相次ぐ中毒事故の発生や殺人事件の発生が社会問題となり、1971年(昭和46年)に一般での使用が禁止された。
ホリドールはドイツ・バイエル社の商品名で、一般的には有機リン化合物の「パラチオン」 と呼ばれ、殺虫剤・ダニ駆除薬である。
変異原性、催奇性、発癌性を持つことが実験によって示された。
哺乳類・鳥類・昆虫・水棲動物に対して非常に有害である。

しかし有機塩素系は自然界で分解しにくく動物やヒトの体内に蓄積するため1960年代から有害性が問題にされ(カーソン著「沈黙の春」)、「ダイオキシンの疑いあり」として、その後多くの国で製造販売が禁止され、あるいは生産が中止された。
当時の科学では分からなかった1兆分の1のレベルで作用する薬でした。

 私の記憶では県の担当者が農家に残っているDDTを回収にきて、まとめてビミールにくるみ、秘密の場所へ埋めたそうだ。DDTは効果が高いため、禁止後もヤミで高値で取引されていたようだ。

 最近になって、DDTの分解法が分かったので、各県でDDTを掘り出している。何処に埋めたのか不明の県があるようだ。(笑い)なんせ、バブルで景色が変ってしまった・・・NHK TVで放送していた。

ホリドールなどの有機リン剤についても毒性の高いものが多かったため、なるべく毒性の低いものを求めて開発が進められた。

・しかし、同じ有機塩素剤PCBが除草剤として最近まで撒かれていました
 ダイオキシンの元凶です。 
 PCBとフロンは夢の科学物質として持て囃されました。
 今これらは厳重な管理をされております。かつてのDDTとは違い、数量、場所を明確にしております。

メタミドホスが開発されたが、農水省は、我が国の農薬登録から除外した。
 中国餃子混入事件で有名になる。

・有機リン系化合物
殺虫剤として農薬登録している国もある。
有機リン系殺虫剤であるアセフェートが植物・動物体内で代謝されてもできる。

・フェニトロチオン(MEPとも)は有機リン・有機硫黄系殺虫剤の一種。
住友が開発したのでスミチオンの商品名で知られる。

接触性・食毒性の殺虫剤として、農耕地や街路樹などのアブラムシ・アオムシ・ガを始めとする害虫などに用いられる他、家庭用殺虫剤としてハエ・蚊の駆除や、動物用医薬品、シロアリ駆除剤としても使用される。
メーカーは40年以上各分野で使用され続けた安全性をうたっている。
農家で自殺するのにBHCがないのでスミチオンを飲んでいる。

・その後、有機リン剤と同様の作用(神経のアセチルコリンエステラーゼ阻害)をもつカーバメート系、除虫菊成分を基本にした毒性の低いピレスロイド(家庭用などに多く使われる)やニコチンを基本にしつつニコチンの人間に対する毒性を低下させた効力の高いネオニコチノイド剤などが開発された。

『悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」』という本があります。
世界各地で起きている蜜蜂の失踪も、このネオニコチノイド系農薬のせいだと論じています。
この農薬を多用している先進国ほど鬱病の罹患率が高いとも。
農業大国フランスをはじめヨーロッパ各国で相次いで使用中止命令が出されているにもかかわらず、世界で一番使用されているのが日本です。農薬会社のHPをみると「安全性が高く」とかかれています。

最近使用されるようになった農薬グループで、毒性に関する公表されたデータはなぜか少ない。

◎ミナミアオカメムシによる斑点米
 
Hannten_2
Images_1
Images

温暖化のせいか、全国にひろがっています。

秋田でも
有機リン剤(BPMCなどのカーバメート剤との混合剤を含む)、エトフェンプロックスやシラフルオフェンの合成ピレスロイド剤や有機ケイ素剤、ジノテフランやクロチアニジンなどのネオニコチノイド剤です。有機リン剤は残効は短いですが殺虫効果は高く効果は安定しています。
これに対し、ネオニコチノイド剤は残効が長く殺虫効果が高いため、カメムシに対しては最も効果が高いと言えます。

◎スミチオンなどの即効性の薬剤から、ネオニコチノイド剤などの残効が長いものに替わっているのでしょうか。

◎これらの薬剤は神経毒であります。
 脳の伝達シナプスに働きかける。
 ヒタヒタとネオニコチノイドで周囲を覆われつつある。

◎斑点米でも味は同じだ、カメムシ殺虫剤を禁止しろ、と主張している団体もある。

◎農家の自家消費米は、JAカントリーへ搬入するので、誰が作ったコメなのか、残留農薬の量なども分からないコメをJAが配ってくるコメを食べてます。
私は、ほとんど無農薬、無肥料で作っています。でも斑点米が多くて加工用になるかもしれません。でも、自分が育てた米を食べたい。

 篤農家の方は、見た目がきれいなコメを出荷するため、ネオニコチノイド剤のカメムシ殺虫剤をしっかり撒布していました。

蛇足:赤とんぼやイナゴが減った原因にネオニコチノイド剤が関与していることは、国や関係者は知っています。しかし、多くの昆虫が居なくなることは予想できるのに、動こうとはしません。

● ダイオキシンは焼却場からでるものより、田んぼからのほうが多くでます。
 農薬を増やせば、コスト高となり、赤字は拡大しますます。
 農業は自給80円という人もいます。それは、米価が世界的にみて9倍している現状での試算です。
 
◎ 補助金目当てで部落の作付けが増えました。
 コメは自給率100%以上のうえ、WTOの関連で外国からコメを輸入しております。約700%の関税をつけています。日本の古米、古古米、カビ米問題など農水省は豊作は困るのです。しかし、ややこしい仕組みの補助金を政府がつけると厄介な約束をした。
 本当に、農業のことを考えているとは思えません。

 自給率UPが誤った発想だから、前提が間違っていると、どうしようもありません。
 私も十数年前ごろには自給率UPすべきと考えていました。
 しかし、地理的条件、資源がない、などを考慮すると不可能だと分かりました。
ならば、外国の土地で作ればいいのだとJA等にいっても馬鹿にされただけでした。

 今は、韓国、中国が国を挙げてウクライナやロシア東部などを借りたり、買ったりしています。日本の農家の方が孤軍奮闘してウクライナ方面で土地を借りておられます。規模拡大のため日本で資金調達すべく帰国して各方面と交渉しておりましたが、調達できず、ウクライナの農家から信用をなくしてしまう顛末をNHK TVで放送しておりました。 隣国から馬鹿にされるのも政府の責任ではないでせうか。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月曜日)

草の刈りかた

前回までで一応映像関連は終了します。

農繁期になったので農業のやり方、作業方法などを書きます。

農業学校をでたわけでもなく、篤農家の反対の駄農です
どうすれば楽が出来るか、やらなくても良い作業はやらなくても可能か?
なんてことをサラリーマン時代から考えている「手抜き人」であります。

部落の人からはナマケモノ扱いされています。
しかし、私から見れば、篤農家と言われる人ほど余分なことをやっているとしか思えません。

以上を前提にお読みください。

畦や休耕田の草刈はしなければなりません。
水路の見回り道の草刈は絶対しなければなりません。
部落の共有物や隣の田との境畦は草刈りの義務があります。

草は刈ってもすぐ伸びてきます。
かといって、除草剤は畦を壊す恐れがあるのと、枯れた草は立っていますから歩きにくいので使えません。

Onlineplus_710156
草刈り機で刈ります。刃が回転しているので危険な作業です。
保護めがね、前掛け、手袋をします。Bm70k

刃は左回転していますので、刃の直径の1/3(図で緑色の部分)づつ左へ振る時だけ刈り取ります。Kar_ill15
右へは戻すだけです。

草は10センチ残して刈るのがいいでしょう。
こんなことしている農家は近隣では私だけでしょう。

多くの農家は土を削るように、草の根元から切ります
そのため、小石や土、捨てられたビンや缶を撥ねます。危険です。
回転歯もすぐ切れなくなります。
いいことはなにもありません。

そこで、少し高く切ればいいのではないか?
作業は楽だし、刈った草が覆いとなり、次の草が生えにくいのです。
小さい時期に根元から刈ると、草は分けつして増える場合もあります。

ポイントは、時期です
草丈が伸び、種をつける前に刈ってください。
年毎に草が減ってきます。

| | コメント (0)

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »